楽天モバイルのSIMをiPhoneに入れて別の端末でRakuten Linkアプリを使ったらどうなるか?いろんなパターンを試してみました!






1年間無料ということで使いようによってはかなりお得に使えると感じている楽天モバイルの Rakuten UN-LIMITですが残念な点としては、公式にはiPhoneをサポートしていません。


ただ、現時点では2018年以降発表のiPhoneでは問題なく通信や通話が利用できることを確認しています。

一方で、Rakuten UN-LIMITの目玉の1つでもあるRakuten Linkアプリを使っての無料通話ですが、Rakuten LinkアプリがiOS対応していないこともあり使うことができません。

ただし、一定の条件を満たせば、iPhoneに楽天モバイルのSIMを入れたまま、別のAndoroid端末を用意すれば、Rakuten Linkアプリで無料通話をすることができます。

今回、実際にiPhoneにSIMを入れた状態で別のAndroid端末でRakuten Linkアプリを使ったり、いろんなパターンを試してみたので紹介したいと思います。


楽天モバイルのSIMをiPhoneに入れて別の端末でRakuten Linkアプリを使ったらどうなるか?いろんなパターンを試してみました!


Apple信者なのでAndoroid端末を持ってませんでしたが、今回急遽Andoroid端末を購入して色々試してみたので紹介します!!


iPhoneで楽天モバイルのRakuten UN-LIMITを使う!

前提として、楽天モバイル側はiPhoneでRakuten UN-LIMITを使うことに関しては動作保証外としており、この先アップデート等で急に使えなくなる可能性もあるのでご注意ください。

私はSIMフリーのiPhone XRとiPhone11でeSIM・nanoSIM共に楽天モバイルのRakuten UN-LIMITを使って、通信と通話ができることを確認しています。

【速攻レビュー】正式にサービスインしたRakuten UN-LIMITをiPhoneで使ってみた!使い勝手は?制限はあるの?

一方で手元にあったiPhone6では一瞬電波を掴むものの使うことができませんでした。

古いiPhoneで楽天モバイルのRakuten UN-LIMITは使えるのか?(iPhone6やiPhone7、iPhone8など)

iPhoneで楽天モバイルを使う場合の制限事項

まずはじめに、iPhoneで楽天モバイルを使う場合の制限事項について整理しておきます。

最近、楽天モバイルの「ご利用製品の対応状況確認」のページでiPhoneがリストに入っていること


上記の楽天モバイルのページで利用可能と書かれているiPhoneでの機能制限は下記の通りとなっています。


使える機能

  • データ通信
  • 通話
  • SMS(楽天回線)

使えない機能

  • SMS(パートナー回線)
  • APN自動設定
  • 接続先回線切替
  • ETWS
  • 110/119通話などの高精度な位置情報測位

接続先回線の切替(パートナー回線から楽天回線への接続切替)は、自動での切替ができないということのようです。

ということで、インターネット閲覧や通話を利用する分には問題ありませんが、パートナー回線からの切替やパートナー回線でSMSが使えないなど、一部の制限があり使い勝手の面では落ちそうです。

楽天モバイルの対応端末を購入

上記の通り、楽天モバイルのMNP回線でiPhoneを使うおうとすると、基本的な通信・通話はできますが、フルファンクションを使いこなすことができません。

全機能を使うためには楽天モバイルの対応端末が必要です。

アンドロイドスマホは初代Xperia以降所有したことがなく、ずっとiPhoneだったので、今回色々試したくても実際に試してみることができませんでした。

でも、どうしても試してみたかったのでアンドロイド端末を購入することにしました。

最終的に購入したのは楽天モバイルの動作保証端末の「Arrows RX」です。

中古のものを購入したので比較的安価に購入できました。

どうせだったら楽天モバイルのSIMを購入する際のキャンペーンでスマホセットを買ってポイントバックを受け取ってもいいのかなと思ったのですが、ポイントバックの期間が遅いこと、ヤフオクやメルカリを探すと、比較的安価な端末があったので新古品のような端末を購入しました。

Arrows RXを選んだ理由は、楽天モバイルの関連アプリが確実に使えるという点と、防水機能がついているわりに安価という点です。

防水だと、お風呂で動画を見たり、海やプールに行った時に防水とはいえiPhoneを持っていくのは怖いけど、そう行った用途にも使えるならありかなと考えました。

基本的には普段使いする予定はないのでスペックはそれほど重視しませんでした。

家に置いておいて、固定電話のように無料通話用に使う予定です。

楽天モバイル端末以外では、とにかく安価で比較的新しいものと最初に白羽の矢を建てたのがGalaxy A20です。

こちらはauモデル(SIMロック解除済み)であれば、楽天回線もパートナー回線も使えるという情報は事前にネット上で確認していました。

A20はヤフオクなどで1万円前後で販売されているので、コスパは非常によかったのですが、最終的にArrows RXが近い価格で手に入ったので、そちらを購入しました。

が、今は同じようなことを考えている人が多く、楽天モバイルの対応端末は値上がり傾向にあると思います。

Arrows RXのレビュー

今回楽天モバイル端末として利用しているArrows RXは下記の記事をご参照ください。

キャペーンのポイントを受けるためにはRakuten Linkによるアクティベーションが必須?

楽天モバイルを契約した際に、下記の2つのポイントバックがありました。
  • オンラインご契約で「3,000ポイントプレゼント」
  • お申し込み時の事務手数料「3,300円相当分全額ポイント還元」
これら2つのキャンペーンの適用条件に「Rakuten LINK」アプリによる認証が必要とあります。


楽天ポイントの付与は、「Rakuten Link」の初回アクティベーション(利用登録後SMS認証が完了)が確認された月の翌々月下旬ごろまでに行います。

これを考慮すると、SIMをアクティベーションして開通するだけではダメで、Rakuten Linkアプリの利用が必要と読み取れます。

家族分も合わせてSIMが2つあるので、単純にこのミッションをこなすためにはRakuten Link対応スマホがあれば、合計12,600円分のポイントバックがあると考えました。

なので、1万円ちょっとであれば実験用にアンドロイドスマホを買ってもいいかな?というノリで購入して見ました。

いざ実験!iPhoneと楽天Linkアプリ(Andoriod)をいろんなパターンで試してみる!

前提条件

今回、紹介する実験の前提条件は下記です。
  • 楽天モバイル回線(パートナー回線ではない)エリアにいて、SMSが受信できる環境にあった
  • 楽天モバイルが使えるSIMフリーのiPhoneXRが手元にあった
  • Rakuten Link対応のアンドロイド端末(実際には楽天モバイルの端末)が手元に ある

準備

手元に家族の分も含め楽天モバイルのeSIMとnanoSIMがそれぞれあったので、両方使っていろんなパターンを試して見ました。

今回紹介するのは、iPhone側にSIM(eSIM、nanoSIMの両方)を入れた状態で、Rakuten Linkアプリ対応のアンドロイド端末で無料通話ができるのか?ということを確認しています。

まずは、準備として購入したArrows RXにRakuten Linkアプリをインストールします。



いきなりnanoSIMをアンドロイド端末に挿してしまうと、iPhone側にeSIMを入れた状態の動作が本当にそうなのか確証が持てないので、最初はiPhoneにeSIMを入れた状態でRakuten Linkアプリをアンドロイド側(SIMなし)で起動するところから確認を開始しています。

比較パターン

iPhoneに楽天モバイルのSIMを入れたまま、今回試したのは下記のパターンです。

iPhone Andoroid端末
楽天モバイルSIM WiFiのみ
楽天モバイルSIM 他社SIM
楽天モバイルSIM 起動せず

その上で確認したのは、
  • アクティベーションできるのか(Rakuten Linkアプリを起動できるのか)
  • 発信できるか
  • 相手に番号通知はされるか
  • 通話はできるか
  • 着信はできるか
  • どっちで着信するのか?
で、これらの結果がどうだったのか紹介していきます。

iPhoneに楽天モバイルのSIMを入れた状態でRakuten Linkはアクティベーションはできるのか?

では、まず最初の確認ポイントですが、これができないと今回の実験が成り立たないわけですが、「iPhoneに楽天モバイルのSIMを入れた状態でRakuten Linkはアクティベーションはできるのか?」をチェックして見ました。

結論からいうと、SMSを受信できる状態であれば問題なくRakuten Linkアプリを起動して使うことができました。

まずは、アンドロイド端末にSIMを入れずにWiFiに接続した状態でRakuten Linkアプリを起動します。

まず最初に楽天IDを入力しますが、この時にこれからRakuten Linkアプリで使いたいSIMを契約した楽天IDでログインする必要があります


次にいくつかアプリに設定のアクセス許可の確認が来ます。



ここは必要なもののみ許可でよかったはずです。

そして、次に電話番号によるSMS認証に移ります。

先ほどログインした楽天IDに関連づいている電話番号(ここではiPhoneで使っている楽天モバイルのSIMの電話番号)を入力して画面下部の送信ボタンを押します。


するとiPhone側に認証コードがSMSで送られてくるのでそのコードをRakuten Linkアプリ側で入力します。




画面下部の「送信する」を押せば、SMSによる認証完了で「3,000+3,300円分のポイントゲット?!」です。(前述の通り、ポイント獲得にRakuten Linkアプリによるアクティベーションが必須かどうかはわかりませんが、今の規約を読む限りそう読み取れます。)

気になった点として、Rakuten Linkアプリ側の動作が不安定で認証コードをきちんと入れても認証に何回か失敗することもありましたが、それはiPhoneにSIMがある場合でも、アンドロイド端末側に当該SIMがある場合でも同じでした。

ちなみにアプリ起動時に広告配信と位置情報提供協力のお願いがありましたが両方拒否にしましたが、それでも問題なく起動します。




実験結果

Rakuten Linkアプリが無事に使えるようになったので、色々試して見た結果を下記にまとめます。

iPhone Andoroid端末
(Rakuten Linkアプリ)
発信 番号通知 通話 どっちで着信
楽天モバイルSIM WiFiのみ 非通知 Andoroid端末(Rakuten Linkアプリ)
楽天モバイルSIM 他社SIM Andoroid端末(Rakuten Linkアプリ)
楽天モバイルSIM 起動せず iPhone

基本的に利用には問題がないという結果になりましたが、気になった点を下記にまとめておきます。
  • Andoroid端末側にSIMがない場合は番号が非通知で発信される
  • 一方で他社SIMでもアンドロイド端末側に入れておけば、楽天モバイルの電話番号がきちんと表示された
  • Andoroid端末側を起動していない状態だと、時間はかかるがiPhone側に着信する
あと、私のようにSIMを色々入れ替えて試す場合は下記の点に注意しましょう。(アンインストールしなければ問題ないということかと思いますが・・・)


きちんとログアウトしてからアンインストールしないと迷子になる場合があるようです。

Rakuten Linkアプリは不安定・・・

iPhoneにSIMが入った状態でRakuten Linkアプリ対応のAndroid端末で無料通話が使えるか?という実験は問題なく使えるということがわかりました。

一方で、Rakuten LinkアプリをWiFiで使った場合はぶつぶつ音声が切れたり、と動作が不安定でした。

また、全体的に認証に失敗することもあったり、発信がうまくできないこともあったりと、まだまだRakuten Linkアプリ側の成熟が必要だと思う点もありました。

Rakuten Link対応端末があれば複数の楽天モバイルのSIMをアクティベーション可能

そして、もう1つ今回確認したかったこととして、複数ある楽天モバイルのSIMを一台のRakuten_Link対応端末でアクティベーション(初回利用)できるのかという点を確認しましたが、きちんとログアウトして、整合のとれた楽天IDと電話番号でSMS認証すれば問題なく、Rakuten_Linkアプリを起動することができました。

楽天モバイルのSIMをiPhoneに入れてRakuten Linkアプリを使ったらどうなるか?まとめ

今回は、楽天モバイルのSIMをiPhoneに入れた状態で、別のアンドロイド端末でRakuten Linkアプリを使ったらどうなるか?を実験して見ました。

結果としては、予想していた通り、SMSさえ受信できればアンドロイド端末側がWiFiだけでも、問題なく使えることを確認しました。

一方で、楽天モバイルの端末を使ったとしても、まだまだRakuten Linkアプリが不安定であるということもわかりました。

最後にここに記載の内容は楽天モバイル側が動作保証していない使い方であり、いつ、急に使えなくなるかもわかりませんのでご注意ください。

iPhoneで楽天モバイルを利用する手順は下記の記事をご参照ください。

【楽天モバイル】Rakuten UN-LIMITのeSIMをiPhoneで使う方法を徹底解説!!

楽天モバイルの申し込み方法は下記をご参照ください。eSIMの申し込み方がわかりにくいです。。

1年間無料の楽天モバイルの入会方法を紹介します!eSIMの選択や必要書類、紹介コードの入力タイミングなど

コメント

  1. はじめまして。
    当方も昨日ソフトバンクSIMカード入のpixel3XLと楽天アンリミットのSIMカードを入れたiPhone8plusにてLINKアプリをインストしてアクティベーションできました。
    そろからなのですが、他の携帯からLINKの電話番号にかけるとソフトバンクSIMカード入のpixelに着信があり楽天SIMカード入のiPhoneにはなにもありません^^;
    そして元からのソフトバンクの番号でも発着信します。(コレは当然ですね^^;)
    そしてソフトバンクSIMカード入のpixelのLINKアプリからの発着信もできます。
    相手側にはちゃんと番号表示もあります。
    この場合、ソフトバンクSIMカード入のpixelからLINKアプリでの発信も無料対象なのか?今後見守りたいと思います。因みにですが、iPhoneの電源を切った状態でもpixel側のLINKアプリ経由で発着信はできます^^;
    お初ながら長文失礼致しました。

    返信削除
    返信
    1. はじめまして。
      コメントありがとうございます。

      まずは早く楽天LinkアプリがiOS対応してくれると一番いいんですが(笑)

      私も同じように色々試してみました。
      SIMが入ってなくても通話できるのはある意味危険な仕様ですよね・・・
      SMS認証さえしておけば、他のスマホで使えてしまうという・・・

      おそらくですが、LINKアプリ経由の発信はSIMカードの有無に限らず無料と考えています。

      また、何か情報あれば教えてくださいね!

      ありがとうございました!

      削除
  2. 始めまして質問なのですが、RakutenLinkでアクティベイション済みの後にiPhone XRにRakuten Simみ入れ、
    Galaxy A7にBiglobe Simを入れるとGalaxy側で再度、Rakuten LinkがSMSでのコードを要求して来ます。
    受信したコードを入れるとエラーとなるのですが、問題無しと判断して良いのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. 初めまして!コメントありがとうございます。

      受信したコードを入れるとエラーになるということですが、本記事にも記載している下記の通り、私も同じ現象が起こることがありました。

      >気になった点として、Rakuten Linkアプリ側の動作が不安定で認証コードをきちんと入れて
      >も認証に何回か失敗することもありましたが、それはiPhoneにSIMがある場合でも、アンド
      >ロイド端末側に当該SIMがある場合でも同じでした。

      この時はエラーがなくなるまで何度か認証を行いました。
      おそらく認証が通った状態でないとRakutenLink側で通話ができないと思いますがいかがでしょうか?

      同じ現象かどうかわかりませんが参考になれば幸いです。

      削除
  3. さすらいの仕事人2020年5月20日 18:03

    はじめまして。大変参考になる記事ありがとうございます。
    iPhone XRにRakuten Simを入れて、esim専用の楽天MINIがかわいいので使いたいと思っています。
    ただし、esimが使える他社simはIIJのデータsimしかないようですね。
    このデータsimをアンドロイドに入れた場合ってどうなるのでしょうか。
    非通知発信になりそうでやや心配です。

    返信削除
    返信
    1. さすらいの仕事人さん

      コメントありがとうございます。
      ご質問はiijのeSIMを楽天ミニにいれたら?ということでよろしかったでしょうか?

      確かにiijはデータ専用SIMなので微妙なところですね。。実際に試していないのでわかりません。。

      お役に立てずに申し訳ありません。

      私も楽天ミニを最初に購入予定でしたが最終的には機能面とコスト面ではコスパに優れていたarrows rxにしました。

      やはり楽天モバイルを持つなら一台は楽天モバイル端末があると安心ですよね!

      削除
  4. このコメントはブログの管理者によって削除されました。

    返信削除
  5. はじめまして。
    分かりやすく有益な情報をありがとう御座います。

    1点ご質問なんですが、
    楽天モバイル回線エリア外(パートナー回線エリア内)で当記事の内容を試した場合、どうなるか(楽天linkのアクティベーションの可否)は試されていないですよね、、?

    と言いますのも、
    当方の状況が下記の通り、筆者様と似ております。

    ・SIMフリーのiPhoneXRが手元にある
    ・Rakuten Link対応のアンドロイド端末(Huawei nova lite 3)を手元に用意
    ・手元に家族の分も含め楽天モバイルのeSIMとnanoSIMがそれぞれある

    ただ異なるのが、

    ・パートナー回線(楽天モバイル回線ではない)エリアにいて、SMSが受信できない環境にある

    という点です。

    この状況で記事と同内容を試みましたが、SMSの受信ができず、、楽天linkのアクティベーションには至りませんでした。

    なお、楽天モバイル回線エリア内に出向いて、試すことも当面難しい現状にあります(これができれば1番スムーズなんだろうとは思うんですが、、)。

    もし、何か解決の糸口をご存知でしたら、お知恵を借りたいと思い、コメントさせていただきました次第です。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。

      ご質問の件ですが、本記事でも書いておりますが公式見解としてもiPhoneの場合、パートナーエリアではsmsの受信ができないとの記載がありますので解決は難しそうですね。。

      対応策としては、ご認識の通りエリア内に移動するしかなさそうな気がします。

      楽天回線エリアは拡大しているようなので、時間が経てば解決される可能性もありますが。。。

      eSIMの弱点としては他の端末で使えないという点ですね。

      物理SIMなら回線エリア内に住んでいる家族や知人に送って受信してもらうというウルトラCもありますが。。。

      お役に立てずに申し訳ありません。

      何かいい案が有ればこちらに記載する様にいたします。

      削除
  6. 当方、娘がiphone SE2で楽天アンリミットを使用しています。iphone にs楽天のSIMカードが入っている状態で、私のアンドロイド側に楽天link アプリを入れて楽天アカウントでログインし、認証コードの要求をするのですが、認証コードが届きません。iphone は楽天エリアにあり、SMS自体は使えますが、コードが届かないという状況です。遠隔地にいるため私のandroidに、シムを入れてアクティベートすることもできません。解決策をご存知ならご教授頂けませんでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      その状況なら問題無さそうですが、再起動したり何度か送信を試すといかがでしょうか?

      私も何回かやってやっとメッセージが届くことがありました。

      削除

コメントを投稿