実録!インターコンチネンタルアンバサダーの客室アップグレード特典まとめ!!






IHGインターコンチネンタルアンバサダーに入会して以来、インタコに泊まる機会が増えました。

その理由の1つにアンバサダー特典で「客室アップグレード」を得られことが挙げられます。


実際にIHGインターコンチネンタルアンバサダーがインターコンチネンタルホテルに宿泊した際にどの程度のアップグレードを得られたか実体験を元に紹介したいと思います!



実録!インターコンチネンタルアンバサダーの客室アップグレード特典まとめ!!


過度な期待はいけませんが、やはりどうしても客室アップグレードは期待してしまいますよね。これまでのアップグレード例をまとめたいと思います。今後も随時アップデートしていく予定です!


IHGインターコンチネンタルアンバサダーについて

インターコンチネンタル・アンバサダーとは、世界各国にホテルを展開するIHGグループの上級会員にお金 (200USD)を払うことでなることができる会員プログラムです。

主な特典としては下記が挙げられます。
  • 客室アップグレード保証
  • レイトチェックアウト
  • 最大20USD相当の飲食クレジット
  • ウィークエンド無料宿泊(週末の2泊目が無料)
  • IHGプラチナエリートステータスの付与
特筆すべきはウィークエンド無料宿泊で、年に一度でも週末にインターコンチネンタル系ホテルに連泊する予定があれば、それだけで年会費を回収できます。

インターコンチネンタルアンバサダーについては下記の記事に詳細を紹介しています。

今回はインターコンチネンタルアンバサダー特典のうち、不確定要素の比較的大きい「客室アップグレード保証」について、実体験を元に紹介します。

客室アップグレード保証

ホテルご滞在のたびにチェックイン時にワンランク上の客室へのアップグレードを適用いたします。ワンランク上の客室とは、料金をお支払いいただいた客室カテゴリーより1つ上の客室を指します。
基本はワンランク上の客室へのアップグレードを”保証”してくれています。

”保証”と謳っているいるため、アップグレードできない場合は下記の保証がついています。
レストラン&バーまたはスパクレジット50USドル相当額、または、IHG®リワーズクラブ ポイント10,000ポイントのいずれか(1回の滞在につき1回のみ提供)
ただ、クラブルームではない部屋を予約しておいて、クラブルームにアップグレードされたとしても、クラブラウンジを基本的には利用できません。

そのため、クラブラウンジを利用したい場合は最初からクラブルームを予約するようにしています。

ちなみに、クラブインターコンチネンタルルームを予約したとしても、インターコンチネンタル アンバサダーの規約上はスペシャリティスイートにはアップグレードはしないと明確にホームページに記載されていますので過度な期待は厳禁となります。
グランドデラックス(Grande Deluxe) エグゼクティインターコンチネンタル アンバサダーのワンランク上の客室アップグレードとロイヤルアンバサダーのツーランク上の客室アップグレードには、プレジデンシャル/スペシャルティスイートは含まれません。をご覧ください。アップグレード対象外が適用されるのは、アンバサダー会員特典の客室アップレグレード保証のみで、IHGリワーズクラブのエリート会員特典が制限されることはありません。スイートカテゴリーを購入したロイヤルアンバサダー会員には、プレジデンシャル/スペシャルティスイートを除き、1ランク上のスイートへアップグレードするものとします。デラックス(Executive Deluxe) コーナースイート(Corner Suite) クラブインターコンチネンタルルーム(Club InterContinental Room) クラブインターコンチネンタルスイート(Club Intercontinental Suite) プレミアスイート(Premier Suite) エグゼクティブスイート(Executive Suite) アンバサダースイート(Ambassador Suite) ディプロマティックスイート(Diplomatic Suite) ロイヤルスイート(Royal Suite)

では、実際どの程度アップグレードされるのか実際の宿泊例を元に紹介します。

インターコンチネンタルホアヒンリゾート&ホテル

2019年11月にバンコクから車で3時間ほどの場所にある、インターコンチネンタルホアヒンリゾート&ホテルに宿泊してきました。

アップグレード結果は、下記の通り渋目のワンランクアップでした。

予約した部屋 アップグレード後 アップ数
1 King Club Intercontinental Room 1 KING PREMIER POOL TERRACE 実質1ランク

予約した「1 King Club Intercontinental Room」はラウンジアクセス付きの部屋の中で一番安いランクのお部屋になります。

一方、ホームページでは、通常の1 KING PREMIER POOL TERRACEはClub Intercontinental Roomより安い料金になっていますが、1 King Club Intercontinental Premier Pool Terraceという感じで、プールテラスの部屋にクラブベネフィットがついた形となっています。

ネットで調べた範囲では、同じようなアップグレード例が多かったので、インターコンチネンタルホアヒンではよくあるアップグレード例と思われます。

こちらのホテルは12歳未満の子供はラウンジアクセスできないなどの制限がありますが、代わりに子連れにとってはありがたい特典をもらえるので子連れにも本当にオススメのホテルです。

ホアヒンのおすすめホテル!インターコンチネンタルホアヒンリゾート&ホテル宿泊レビュー

インターコンチネンタルコサムイリゾート

2020年の年始にタイのサムイ島にあるインターコンチネンタルコサムイリゾートに宿泊してきました。

アップグレード結果は下記の通りで、こちらもワンランクアップとなりました。

予約した部屋 アップグレード後 アップ数
トロピカルパビリオンスイート(70m2)
オーシャンビュー・テラススイート(120m2)
1ランク

「トロピカルパビリオンスイート(70m2)」から「オーシャンビュー・テラススイート(120m2)とこちらも渋目のワンランクアップでした。

ネットで調べると、プライベートプール付きのプールヴィラにアップグレードされたという報告を見ていたので期待していましたが、ハイシーズンということもありワンランクアップの「オーシャンビュー・テラススイート(120m2)」になりました。

こちらのホテルは景色が最高でまた絶対に再訪したいホテルです!

景色が最高!インターコンチネンタルコサムイリゾート宿泊レビュー!!

インターコンチネンタルバンコク

次は、2020年1月に宿泊してきたバンコクのインターコンチネンタルです。

こちらはいろんな要因が重なって超絶アップグレードがありました!!

予約した部屋 アップグレード後 アップ数
クラブインターコンチネンタルルーム(Club InterContinental Room)
ロイヤルスイート(Royal Suite)
6ランク

「クラブインターコンチネンタルルーム(Club InterContinental Room)」から「ロイヤルスイート(Royal Suite)」にアップグレードの6段階アップグレードでした。

インターコンチネンタルバンコクのお部屋タイプは下記のようになっています。

  • グランドデラックス(Grande Deluxe) 
  • エグゼクティブデラックス(Executive Deluxe) 
  • コーナースイート(Corner Suite) 
  • クラブインターコンチネンタルルーム(Club InterContinental Room) 
  • クラブインターコンチネンタルスイート(Club Intercontinental Suite) 
  • プレミアスイート(Premier Suite) 
  • エグゼクティブスイート(Executive Suite) 
  • アンバサダースイート(Ambassador Suite)
  •  ディプロマティックスイート(Diplomatic Suite) 
  • ロイヤルスイート(Royal Suite)
上記を見ていただけばわかりますが、ロイヤルスイートはインターコンチネンタルバンコクにある最上級スイートで、一室しかなスーパースペシャルなお部屋です。。

今回はいろんな要因が重なり、そちらにアップグレードしていただけました!

なんと、通常一泊30万円くらいします・・・

間違いなくこれまでに宿泊したホテルのなかで最高のお部屋でした。。

その時の様子は下記の記事をご参照ください!

インターコンチネンタルフーコックロングビーチリゾート

2020年2月には、ベトナム最後の楽園と言われているフーコック島にあるインターコンチネンタルフーコックロングビーチリゾートに宿泊してきました。

アップグレードは下記の通りでした。

予約した部屋 アップグレード後 アップ数
クラブ インターコンチネンタル キング
クラブ インターコンチネンタル オーシャンビュー キング
1ランク

「クラブ インターコンチネンタル キング」が「クラブ インターコンチネンタル オーシャンビュー キング」になりましたが、こちらはハイフロアへのワンランクアップという渋目の内容です。

例えば、ここは戦略的に「クラブ インターコンチネンタル オーシャンビュー キング」を予約して、ワンランクアップの「キング クラブパノラミックスイート」を狙うのもありかもしれません。

こちらのホテルもラウンジが最高でまたぜひ再訪したいホテルでした。

【ベトナム最後の楽園】インターコンチネンタルフーコックロングビーチリゾート宿泊レビュー!!

インターコンチネンタルアンバサダーの客室アップグレード特典まとめ

今回は、インターコンチネンタルアンバサダーの客室アップグレード状況を紹介しました。

まだまだ母数は少なめですが、最近の宿泊結果なので最新の動向は抑えられているかと思います。

予約した部屋 アップグレード後 アップ数
トロピカルパビリオンスイート(70m2)
オーシャンビュー・テラススイート(120m2)
1ランク
トロピカルパビリオンスイート(70m2)
オーシャンビュー・テラススイート(120m2)
1ランク
クラブインターコンチネンタルルーム(Club InterContinental Room)
ロイヤルスイート(Royal Suite)
6ランク
クラブ インターコンチネンタル キング
クラブ インターコンチネンタル オーシャンビュー キング
1ランク

アップグレード保証を謳っているだけに、かなりの確率でアップグレードはしてもらえますが、その分アップグレード先も渋めで、私のような新参者のインターコンチネンタルアンバサダーは、基本ワンランクアップとなるようです。

たまたま、一度だけ超絶アップをいただきましたがかなりレアケースと思われます。

そのため、IHGインターコンチネンタルアンバサダー会員が取るべき戦略としては、ワンランクアップを前提に予約を取っておくのが良さそうです。

例えば、インターコンチネンタルフーコックの場合は、私たちが予約した「クラブ インターコンチネンタル キング」とアップグレードされた「クラブ インターコンチネンタル オーシャンビュー キング」の金額差は、ほんのわずかです。

そして、その次のお部屋の「キング クラブパノラミックスイート」とはかなり差がありますので、確実にアップグレードされるとは限りませんが、可能性を広げておくのがいいのかなと思います。


コメント