都内で優雅にホテルステイ!ヒルトン東京(Hilton Tokyo)宿泊エグゼクティブフロア宿泊レビュー!!






 新宿にあるヒルトン東京のエグゼクティブフロアに宿泊してきました!



一応、ヒルトンオナーズのゴールド会員なので、これまで海外ではヒルトンに泊まる際は一番下のカテゴリを予約して、アップグレードしてくれることが多かったのですが、今回はGotoもあり、かなり安く予約できたので、最初からエグゼクティブフロアを予約してヒルトン東京の滞在を楽しんできました!



都内で優雅にホテルステイ!ヒルトン東京宿泊エグゼクティブフロア宿泊レビュー!!

最近はIHG系列が多かったので、気づけば今年初のヒルトン系列滞在でした。。去年の前半まではヒルトン系しか宿泊してなかったのに・・・、そしてなんだかんだでブログはじめてから国内ヒルトンデビューの宿泊でした(笑)


ヒルトン東京

ヒルトン東京は、西新宿の高層ビル群の中にある高級ホテルです。
障子や襖が自然に取り入れられ、都会に居ながらも落ち着いた客室ではインターネットアクセスも可能。最高級スイートやエグゼクティブフロア、機能性を重視したヒルトンルームやわんちゃんと一緒にお泊りいただけるお部屋など全830室。ホテル37階に位置するエグゼクティブラウンジはエグゼクティブルームご利用ゲストの専用ラウンジです。朝食、アフタヌーンティー、イブニングカクテルのご提供他、ラウンジスタッフがきめ細やかなサービスで快適なご滞在をサポートいたします。都庁や西新宿の高層ビル群を間近にのぞむラウンジからの夜景は息をのむ美しさ。西側のラウンジからは新宿中央公園の四季折々の景観が楽しめます。

 


 

ヒルトン東京へのアクセス(シャトルバスは運休中:2020年4月1日〜)

「西新宿駅」、「都庁前駅」に地下通路で直結。「新宿駅」からは徒歩10分、無料シャトルバスで5分の好立地とありますが、新宿駅から雨の中あるのは結構大変でした。。(子供もいたので15分くらいはかかった気がします。)




従来は、新宿駅から無料シャトルバスが出ているのですが、現在はコロナの影響で運休されています。

乗り場:
新宿駅西口京王デパート前、バス停21番乗り場から毎日循環運行

アクセスの詳細やシャトルバスの再開状況はこちらの公式サイトをご参照ください。

ヒルトン・オナーズ(Hilton Honors)

ヒルトンは、ヒルトン・オナーズというホテル会員プログラムがあります。

ゴールドやダイヤモンドといった上級会員になると、無料の客室アップグレード、無料朝食、レイトチェックアウトなど、様々なベネフィットを受けることができます。


私は一応、ゴールドメンバーなのでこれまでのヒルトンの滞在では恩恵を受けてきました。

海外ではゴールドメンバーでもエグゼクティブフロアに一気にアップグレードしてくれたりと、恩恵を受けることが多かったですが、ゴールドメンバーが多い日本では渋い可能性があったので今回は最初からエグゼクティブフロアを予約しました。

ヒルトン・オナーズの良いところは、ゴールド会員でも無料朝食がつくところにあると思っています。

ゴールドメンバーのベネフィットについては下記にまとめているので併せてご覧下さい。

宿泊予約サイトで予約した場合の会員ベネフィットは?

今回は、直接予約するよりじゃらんの方が安かったのでじゃらんで予約しました。

その場合、ヒルトン・オナーズのゴールド会員のベネフィットは受けられないと思っていましたが、チェックインの際に会員番号を確認され、下記の説明がありました。

使えないベネフィット

  • ポイントの加算
  • 滞在履歴の加算

使えるベネフィット

  • 客室のアップグレード
  • レイトチェックアウト
この辺りは、タイミングやホテル毎に対応が異なると思うので、参考までに掲載しておきます。

結局、客室のアップグレードはありませんでしたが、レイトチェックアウトは1時間だけ可能でした。(ゴールド会員だどヒルトンのレイトチェックアウトは渋めなので、交渉するともう一時間くらいは追加で行けることが多い気がします。(海外の場合・・・))

子供の添い寝

外資系のホテルは、子供の添い寝は小学生以下は無料というところが多いですが、日本のヒルトンは公式ページの記載を見る限り、6歳以上は大人と同じ扱いというところが多い気がします。

が、先ほど確認したらこちらのページに下記の記載がありました。

1ベッドにつき小学生以下のお子様1名が無料でご利用いただけます。ツインルームは1部屋に2つベッドを設置しているので、お子様2名まで無料に!

今回の滞在では「じゃらん」から子供添い寝無料プランで予約しました。

この辺り、曖昧な場合はホテルに小学生でもベッドが不要の場合でも、大人の扱いになるのか?というのを聞いて見るのが良いかと思います。

また、子供用のアメニティはチェックイン時にお願いすればくれます!

エグゼクティブラウンジの子供利用

同じく子供のエグゼクティブラウンジの利用に関してですが、エグゼクティブラウンジの利用についてはカクテルタイムでも制限なく無料で利用可能でした。

GoToトラベルを利用すれば格安で宿泊可能!

今回はヒルトンのセールと、Gotoトラベルキャンペーン、じゃらんのクーポンを併用したのでかなりお得に宿泊できました!

合計が3.2万円ほどでしたが、GoToトラベルとじゃらんクーポン適用、さらに地域共通クーポンが5千円分ついてきたので家族3人でヒルトン東京のエグゼクティブフロアに実質1.3万円で宿泊できました!

地域共通クーポンはホテル内でも利用可能で、あとは新宿には地域共通クーポンが利用できる大手家電店なんかもあるので、比較的使いやすいかと思います。

地域共通クーポンについては下記の記事をご参照ください。


チェックインについて

通常、エグゼクティブフロアの宿泊者はエグゼクティブラウンジでチェックインができるのですが、2020年10月時点ではコロナの影響でエグゼクティブラウンジの運営を縮小しており、1Fのフロントでチェックインする必要があります。

私たちは14時過ぎに行ったので、それほど並んでいませんでしたが、15時近辺になると大行列ができていたので、注意が必要です。

GoToキャンペーンの影響もあってか、説明項目が多く、一人一人の接客に時間がかかっていて、スタッフの皆さんも大変そうでしたw

エグゼクティブツインルーム

今回はエグゼクティブツインルームに宿泊して来たので紹介します!

まずはエレベーターホールがかなり広かったです。。



そしてコロナの影響でCleanStayというヒルトンのポリシーに従い、清掃が完了したお部屋は封がされていて、誰も入っていないことを証明するようになっています。(が、インタコと比べるとパブリックスペースに置いてる消毒液の数が少なく、あまり手指を消毒する場面がなかった気がします。)



お部屋は改装されていて綺麗なお部屋でした。


赤いチェアのアクセントが効いています。


もちろん仕事用のデスクもあります。そして、窓の部分が和テイストなんですね。








お水は日本用意されていました。ラウンジにも同じミネラルウォーターがありました。




冷蔵庫は空っぽでした。


電気ケトルも完備されていました。


クローゼットも十分な広さがありました。





靴磨きサービスもあります。こちらの籠に入れて出しておくと磨いてくれるようです。



バスタブがないのは想定外でした・・・

でも、ヒルトン東京はフィットネスジムに大浴場(と言ってもて、そんなに大きくないですが)が付いているので問題ありませんでした。



アメニティはヒルトン定番のアメニティでした。


フィットネスジム・プール・お風呂

ヒルトン東京にはフィットネスジムとプールがあり、宿泊者は無料で利用できます。





コロナの影響もありプールは、2グループ限定の交代制なのでホテルにチェックインしたら空き状況を確認するのが良いかと思いますが、何時という指定ではなく、何組待ちという感じだったので、順番が来たら電話を掛けてくれる方式でした。



ヒルトン東京の朝食

宿泊の楽しみでもある朝食ですが、間も無く記事を公開予定です。

エグゼクティブラウンジ

この時にはエグゼクティブルームに宿泊したので、エグゼクティブラウンジが利用可能でした。

ヒルトン東京のエグゼクティブラウンジは昼間でもビールが飲み放題なんです!

ただアフタヌーンティータイムがないのは残念でしたが、カクテルタイムを満喫して来ました。

その様子は後日公開します。



ヒルトン東京宿泊レビューまとめ

今回は新宿にあるヒルトン東京の宿泊レビューを紹介しました。

チェックインは14時ころに行きましたが無事にちょっとだけ早くアーリーチェックインできました。一方で、15時頃になるとGoToの影響もあってか大盛況でチェックインは長蛇の列でした。

シャトルバスが運休しているため、雨だったこともあり新宿駅からのアクセスは少し不便に感じましたが、晴れていれば問題ないかと思いますが、ちょっと遠くは感じるかと思います。

あとは、エグゼクティブルームでもバスタブがない部屋もあるのは驚きでしたが、大浴場が付いているので問題ありませんでしたが、バスタブ必須!という場合はチェックインの際にフロントで相談するのが良いかと思います。

GoToを使えば、かなりお得に宿泊できるのでヒルトン東京が人気なのは納得できる滞在でした。

近日中にエグゼクティブラウンジの様子を紹介したいと思います!

コメント