超大型旅客機!タイ国際航空のエアバスA380搭乗レビュー!!


タイ航空の大型旅客機A380の成田-バンコク線に搭乗してきました!


最近、飛行機の搭乗便を選ぶ際に機材を重視して選ぶ癖がついて来ました(笑)

それだけ機材によって満足度が変わりますよね。

先日カタール航空のA380のビジネスがあまりに良すぎたので、今度はエコノミークラスですが、タイ国際航空のA380に搭乗してきました。

機内の様子など写真を使ってたっぷりと紹介したいと思います。

超大型旅客機!タイ国際航空のエアバスA380に搭乗して来たのでレビューします!!




個人的にはあまりタイ国際航空に良い印象はなく、日本路線で自ら好んで乗ることはありませんが、はじめてバンコク-成田をタイ国際航空に乗って来ました。往路はA350で復路はA380をチョイスしました。


冒頭でも述べたとおり、同じ航空会社でも搭乗する機材(飛行機の機体)によって、全然満足度は変わります。

タイ国際航空のA380

タイ国際航空のA380は正確には、A380-800です。

2018年9月現在は6機所有しています。

ファーストクラスの設定もあり、各クラスの座席数は下記の通りです。

Royal First Class(ファーストクラス): 12 
Royal Silk Class (ビジネスクラス): 60 
Economy Class (エコノミークラス): 435

二階部分がファーストクラスとビジネスクラス席になっていて、二階の後方にもエコノミークラスもあります。


今回は二階部分のエコノミークラスの最前列であるバルクヘッドシートに搭乗してきました。



A380運行スケジュール

タイ国際航空のA380に日本路線は成田と関空に就航しています。

運行スケジュールは下記の通りです。

出発地
便名
運航日
出発               到着
A380運航期間
成田発着
TG677
毎日
成田   17:25発   →    バンコク 21:55着
2018年3月25日~10月27日
TG676
バンコク 07:35発   →    成田   15:45着
関西発着
TG623
毎日
大阪   11:45発   →    バンコク 15:35着
TG622
バンコク 23:30発   →    関西 07:00翌日着

今回は、成田発バンコク行きのTG677に搭乗しました。

タイ国際航空のA380エコノミークラス

では実際にA380に搭乗した時の様子をレポートしたいと思います。

私は一応スターアライアンスゴールドなので、ビジネスクラスカウンターから、成田ではGold Trackという優先保安検査場を利用可能です。

その後、出国審査を経て、スターアライアンス加盟航空会社のラウンジが利用可能です。

成田空港のスターアライアンス系のラウンジは下記の記事をご参照ください。

搭乗前の安らぎ空間!スターアライアンスラウンジ特集 @成田国際空港国際線ターミナル


次に、機内への搭乗ですがこちらも優先搭乗が利用可能ですが、日本路線はSFC会員やJGC会員が飽和状態でいつも賑わってますねw


いよいよ機内へ乗り込みます。本日搭乗するA380はこちらの機体です。大きいですね〜、二階建ての機体が大きなクジラのように見えます。


ファーストクラス、ビジネスクラス搭乗者は二階から直接乗り込めるようになっています。エコノミークラス搭乗者は二階席であっても、一階の後方からの搭乗でした。(エコノミーでも二階から入れるんでしょうか?)


二階に上る階段に向かう途中、ほぼ誰も乗っていない機内の写真を撮影することができました。



これが機内の最後部にある、二階へと続く階段です。飛行機の中に階段があるって不思議ですね。


そして、こちらがA380の二階です。この前方がビジネスクラス席になっています。シート配列は2-4-2です。


二階のエコノミークラスの座席数は少なく、ほとんどがビジネスクラスとファーストクラスのスペースになっています。

今回はエコノミークラスの最前列であるバルクヘッド席でした。


K列の窓側をチョイスしました。2列なのですが隣は誰もきませんでした。


バルクヘッド席最大の特徴は足元が広いことです。足を伸ばしてくつろぐことができます。


座席モニターはバルクヘッド席の場合、引き出し式が多い印象ですが。壁掛け式でした。

個人的には引き出し式の場合、視点が低くて首が疲れるのでこっちの方がよかったです。(ちょっと遠いですが・・・、それだけ足元が広いということですよね。)


このディスプレイは壁掛けの場合でも、リモコンとタッチパネルの両方で操作可能です。

A380やA350などのエアバスの最新機種は、外部カメラが搭載されていて、モニターで外の様子を見ることができます。


あと、バルクヘッド席の場合、USB端子が引き出し式のモニターに付いていることが多いですが、タイ国際航空のA380の場合は肘掛の部分に付いていたので、スマホを充電するのに使い勝手がよかったです。


そして、このタイ国際航空A380のエコノミー席2階部分の通路側には収納スペースがあります。これが最大の特徴かもしれません。


思った以上に大容量で搭乗中に必要なものは全て収納できるかと思います。バルクヘッド席の場合は、窓側でも通路側にアクセスしやすいですが、通常の窓側の場合は、上部の荷物収納スペースには気軽にアクセスできないので重宝しそうですね!


二階部分は一階部分より湾曲が大きくなるので、そのスペースを有効活用した収納スペースで、一階の座席にはありません。

私が乗った時は、この収納スペースにゴミが入っていたり、黄ばんでいたので使いませんでした、、、この辺りは、さすがはタイ航空品質ですねw

機内食は和食がないと言われて、食べなかったので写真を取っていません。。

バルクヘッド席で二階エコノミークラスの最前列だから最初に来るかと思えば、反対側通路の先頭から"コ"の字を描くように回ってきたので最後でした。

この日は、食事の後にはグリコのアイスクリームが提供されました。


タイ国際航空のA380のビジネスクラス(ロイヤルシルククラス)

今回は、エコノミークラスでしたが二階の席にしたので、降りる時にはビジネスクラスの前を通って降りて来ました。

タイ航空ではビジネスクラスのことを「ロイヤルシルククラス(Royal Silk Class)」と言います。

その際に写真を何枚か撮ってきたので紹介したいと思います。

こちらはエコノミークラスとビジネスクラスの境界です。この見えない壁がおおきいんですよね(笑)


タイ国際航空のA380のビジネスクラスはスタッガードシート配列です。


こちらが実際のシート写真です。タイ国際航空らしい紫色のデザインです。モニター画面がANAなどのビジネスクラスと比較すると小さいのが気になりました。でも足を思いっきり伸ばせるのはいいですよね。


カタール航空のようなラウンジはありませんがタイ航空のホームページを確認すると小さなバーカウンターはあるようですね。

引用:http://www.thaiair.co.jp/special/a380/seat_silk_class.html

機内WiFi

最近、標準装備になりつつある、機内WiFiも完備されています。

価格は容量ごとに異なり、4.99USDからです。



残念ながら無料利用可能分はなかったので、試していないので、通信スピードや使い心地は確認していませんが、過度の期待は禁物かと思います。


タイ国際航空のエアバスA380搭乗レビューまとめ


感想としては、A380は新しい機体のはずなのに、シートが汚れていたりへたっていたりしてちょっと残念でした。

個人的には、タイ国際航空は下記の理由であまり好きではありません。

タイ国際航空に搭乗してイラっとする10のコト

そして、今回改めて思いました。


やっぱり好きじゃない(笑)

一番の理由は、機材が新しいはずなのに劣化が見られること、そしてCAさんがおしゃべりばっかりで仕事がやっつけなのが気になりました。

まあ、タイに住んでいるとサービスとはそういうものであることは理解していますが、日本行きの飛行機に関して言えば、ANAやJALがライバルになります。

だって、価格もタイ航空だから安いってこともないのです。むしろ、大勢のタイの方々が日本に観光で訪れている昨今、タイ航空の方が高いこともあります。

フラットな気持ちで日系のCAさんとタイ国際航空のCAさんのサービスを比較すると圧倒的にタイ国際航空のCAさんの質は落ちると思います。

個人的にはANAやJALが最高と思っているわでではなく、カタール航空やキャセイパシフィック航空のCAさんの方がレベルが高いと思っています。


ぶっちゃけ、サービス面ではタイ航空ならLCCに乗っても変わらないのではないか?とすら思ってしまいますw(過去にもっとひどい航空会社に当たったこともありますが・・・)

そして、沖止め率が高すぎなのと、早く搭乗始めるのに出発はほぼ確実に定刻を過ぎること。(出発時間に関しては乗客の質だったり、空港の事情もあるとは思いますが・・・、ただ沖止めが多いことで、乗客のバスでの運搬もスムーズに行ってないように思います)

今回、往復共に機内で一時間以上待たされました。

ちょっと愚痴っぽくなりましたが、今後も好んでタイ国際航空に乗ることはないのかなと思いますが、タイに住んでいると上手く付き合っていく必要があるので良いところも見つけていきたいと思います。

バンコク→成田間はA350でしたが、深夜便でずっと寝ていたので新たな記事にはしていませんが、以前バンコク→シンガポールで搭乗した際に書いた下記の記事を更新しました。

超快適!タイ国際航空 エアバスA350-900搭乗記!!

カタール航空のA380ビジネスクラス搭乗記は下記の記事をご参照ください。
えっ!機内にラウンジ?!カタール航空A380ビジネスクラス極上の空の旅



0 件のコメント :

コメントを投稿