【徹底解説】どこがオススメ?フランクフルト空港のスターアライアンス系ラウンジを3つ紹介します!!






ドイツのフランクフルト空港はドイツのフラッグ・キャリアのルフトハンザラウンジが充実していますが、今回スターアライアンスゴールドで利用できるラウンジを3つ利用してきたので、まとめて全て紹介したいと思います。


今回紹介するのは、ターミナル1のコンコースBにある「ルフトハンザセネターラウンジ」「ルフトハンザビジネスラウンジ」「エア・カナダ メイプルリーフラウンジ」の3つです。

全部実際に行ってきたのでどのラウンジがオススメかも紹介します!

【徹底解説】フランクフルト空港のスタアラゴールドメンバーが利用可能なラウンジを紹介します!


ネットで事前に調べたらルフトハンザセネターラウンジもルフトハンザビジネスクラスラウンジも同じだとありましたが、雰囲気が全然違いました・・・、個人的にはセネターラウンジがオススメです!

フランクフルト空港のスターアライアンスラウンジ

フランクフルト空港にはドイツのフラグシップキャリアであるルフトハンザのラウンジがあります。

そのルフトハンザのラウンジのいくつかありますが、ANAの上級会員であるSFC会員スターアライアンスゴールドメンバーが利用できるラウンジはターミナル1のコンコースBには下記の3つありました。
  • ルフトハンザセネターラウンジ
  • ルフトハンザビジネスラウンジ
  • エア・カナダメイプルリーフラウンジ
今回、空港についてから時間が少しあったので、3つとも制覇してきたので全てまとめて紹介したいと思います。

スターアライアンスゴールドメンバーについて

日本の航空会社ANAの上級会員資格で、プラチナ会員以上になればSFC(スーパーフライヤーズカード)というクレジットカードを発行することができ、年会費を払い続ける限り、スターアライアンスゴールドメンバーという資格を保持することができます。

スターアライアンスゴールドメンバー(通称:スタアラゴールド)はANAと同じスターアライアンスに加盟している航空会社の飛行機に搭乗する場合に、優先カウンターの利用、預け入れ手荷物の優遇、ラウンジの利用やプライオリティタグなどの特権を与えてもらえるサービスです。


今回は私はタイ航空のビジネスクラスでの搭乗でしたが、スターアライアンスゴールドメンバーでもあるため、今回紹介する3つのラウンジに潜入することができました。

各ラウンジの場所

今回紹介するラウンジはターミナル1のコンコースBでANAも発着している場所と同じです。

ルフトハンザ系のラウンジは下記の赤枠部分にあります。逆の右側のB24ゲートにもビジネスクラスラウンジはあるようですが、ANAもタイ航空も出発ゲートは左側でした。


ルフトハンザセネターラウンジはB43番ゲートの前、ルフトハンザビジネスクラスラウンジはB45番ゲートの前にありました。

一方、エアカナダのメイプルリーフラウンジは入り口もレベル3にあり、少しアクセス方法が異なります


が、上にある看板に従っていけばそれほど難しくなく、出国審査場から一番近い場所にあります。

それでは各ラウンジを順番に詳細を紹介したいと思います!

ルフトハンザセネターラウンジ(Lufthansa Senator Lounge)

まずは一番オススメのルフトハンザセネターラウンジの紹介です!この後に紹介するビジネスクラスラウンジよりワンランク上のラウンジのように感じました。

場所

ラウンジの場所はすでに紹介した通りですがB43搭乗ゲート付近にラウンジの入り口があり、そこで搭乗券とスターアライアンスゴールドメンバーのカードを見せて入場します。


営業時間

早朝の05:00〜22:00までオープンしています。

利用資格

セネターラウンジが利用可能なのはスターアライアンス系のファーストクラス利用者及びスターアライアンスゴールドメンバーです。

私はタイ航空のビジネスクラス搭乗券のみでは、入れてもらえずANAのSFC会員カードを見せて入れてもらいました。

この点がルフトハンザビジネスクラスラウンジとの大きな違いかと思います。

ラウンジスペース

先ほどの入り口で手続きを済ませてエスカレーターで上に上がります。


セネターラウンジの入り口で買ったばかりのリモワをパシャり。


では、内部の紹介です。

最初に入った印象は結構広いし、ゆったりしてる!と感じました。


上の写真が入ってすぐのダイニングスペースです。


その奥もダイニングスペースになっています。


そして奥は、飛行機が眺められるソファースペースが並んでいます。



そして、こんなゆったりできそうなシートもありました。これなら仮眠も取れますね。


奥の方にはがっつり仮眠をとるスペースもあります。



次は入り口の左側のスペースの紹介です。と言っても、先ほどの飛行機が見えるソファー席のところと繋がっています。右側がダイニングスペースで、左側がバーカウンター、そしてその奥で繋がっています。




Senator Spa(セネタースパ)

そしてこのセネターラウンジはなんとスパもありました。


もちろん有料なのでカウンターがあり、そこで申し込みをします。


こちらがメニューです。



タイマッサージは、45分90ユーロ〜でした。タイに住んでいるととてもじゃないけどこの金額では受けようと思いません。。

一番安いのでチェアマッサージで10分20ユーロです。

他にも女性向けや男性向けのSPAメニューも充実していますが、値段は流石に高めです。

シャワー

Spaの奥にシャワールームがありますが、新しくてよく管理されており非常に綺麗なシャワールームでした。


大きな個室になっていて、タイルの模様が素敵で印象的でした。


バスタオルも備え付けられています。


シャワーの水圧も申し分なしです。


そしてアメニティはロクシタンでした。




この日は日中は観光をして、夜の便で出発だったのでシャワーを浴びて着替えができたのでよかったです。

しかもシャワールームは広い個室なのでスーツケースも開けられて至れり尽くせりでした。


食べ物・飲み物

シャワーを浴びてスッキリした後は腹ごしらえです。食べ物も結構充実していました。

といってもダイエット中&ビジネスクラスの食事も楽しみなのでほどほどにしましたが・・・

ダイニングの壁沿いに食べ物と飲み物は並べられています。

スープが3種類あるっていのも珍しいですよね!


フランクフルトらしく、フランクフルトソーセージもありました。

私の大好きなドイツのパン、ブレッツェルもありました♪


アルコール類も種類豊富でした。


控えようと言いながら結構食べちゃいました(笑)


感想

さすがはルフトハンザ航空のラウンジというだけあって、どれをとっても満足度が高かったです。

個人的にはシャワーが非常に清潔で広いブースだったので満足度が高かったです。

食事も十分な量があり、スペースも広く、それほど人も多くなかったので次にフランクフルト空港にくることがあれ場合でもこちらのセネターラウンジを使うと思います。

ルフトハンザビジネスクラスラウンジ(Lufthansa Business Class Lounge)


次も同じくルフトハンザ空港のラウンジですがルフトハンザビジネスクラスラウンジの紹介です。

こちらはビジネスクラス利用者も利用可能なため、混雑していました。

場所

場所は前述の通りですが、B45番ゲートの近くにあります。


営業時間

営業時間は、セネターラウンジと同じく05:00〜22:00です。

利用資格

こちらは先ほどのセネターラウンジと違い、スターアライアンス系航空会社のビジネスクラス以上の利用者とスタアラゴールドメンバーが利用可能です。

ラウンジスペース

こちらも受付で手続きを済ませて上に上がります。


ラウンジスペースですが、セネターラウンジと比べると狭かったです。

そして、窓が奥まっているため一応外の景色は見えますが、開放感にかけました。




奥の方に行くと、人が少なかったです。


シャワー

シャワーもありますが、人が多く使えなかったので写真を撮ってませんが、セネターラウンジのように立派なタイルではなかったです。。

食べ物・飲み物

飲み物はパッと見た目、セネターラウンジと同じような感じでしたが、セネターラウンジの方が豪華に感じました。




他にも色々ありましたが、人が多かったのであまり写真を取れませんでした。。スミマセン・・・

ドリンクはセネターラウンジと同じような感じだったのでセネターラウンジの画像をご参照ください。

感想

同じルフトハンザのラウンジでもセネターラウンジと比べるとショボく感じました。なのでスタアラゴールドの方はセネターラウンジをオススメしたいです。

エア・カナダ メイプルリーフラウンジ(Air Canada Maple Leaf Lounge)


最後はエア・カナダの「メイプルリーフラウンジ」です。実際には、一番最初にここにきたんですが、結構綺麗でよかったですよ!時間帯によるのかもしれませんが人も少なかったです。

場所

場所は、42番ゲートのあたりから上の階に行きます。今回紹介するラウンジの中では出国審査から一番近い場所にあります。


後は、上の看板の案内に従っていけば到着します。


営業時間

毎日、6:00〜22:00まで営業しています。


利用資格

スターアライアンス系のビジネスクラス以上の利用者及びスターアライアンスゴールドメンバーが利用可能です。


ラウンジスペース


ラウンジの入り口でエアカナダの模型が出迎えてくれます。


入って右側にメイプルラウンジの特徴的なオブジェが置かれたソファスペースがあります。


その周りを取り囲むようにソファー席があります。



素敵なダイニング席もあります。

こちらのラウンジも飛行機が見えて景色は良かったです!


他にも仮眠ができそうな半個室の場所に体が伸ばせる椅子がありました。


ヘッドホンもあったりして、時間がある場合はここでゆっくり寝るのも良さそうです。

シャワー

シャワーもありますが私が行った時はメンテナンス中で使えませんでした。残念・・・

食べ物・飲み物

食べ物と飲み物はちょっと少なく感じましたが、必要十分といった感じでしょうか。

ラウンジに入って右側のスペースに並べられています。



少なめとは言いましたがパンの種類は多く、ブレッツェルもあり十分ですね!



ビールも生ビールサーバーがあって、その他のアルコールも揃っています。


感想

エアカナダのラウンジは初めてでしたが満足度は高めです。

このラウンジしかなければ十分満足できるラウンジでした。ルフトハンザのラウンジと比較するとちょっと小さめですが、人が少ないので全然問題ありませんでした。


フランクフルト空港のラウンジまとめ

今回はフランクフルト空港でスターアライアンスゴールドメンバーが利用できるラウンジを3つ紹介しました。

オススメ順としては、
  1. ルフトハンザセネターラウンジ
  2. エアカナダのメイプルリーフラウンジ
  3. ルフトハンザビジネスクラスラウンジ
です。

ルフトハンザセネターラウンジはビジネスクラスラウンジと比較してもワンランク上の雰囲気でした。

また、エアカナダのメイプルリーフラウンジは新しく、利用者も少なかったので出発前にゆっくり過ごしたい場合には向いていると思います。

そして、今回ドイツにはリモワを購入するために寄り道したのですが、フランクフルト空港でリモワを購入して免税手続きする方法を紹介します!!

フランクフルト空港でRIMOWAを購入して免税手続きする方法

私はフランクフルト空港のルフトハンザワールドショップでルフトハンザリモワを購入して免税手続きをしてきました。

ドイツでは、あのアルミ製のスーツケースでおなじみのリモワを日本で購入するより安く買うことができます。

リモワの価格を徹底比較!新モデルRIMOWAの本場ドイツと日本の価格について

そしてさらにフランクフルトやミュンヘンの空港にあるルフトハンザワールドショップでルフトハンザとのコラボモデルのリモワを購入することができます!

限定リモワが買える!!ルフトハンザワールドショップ(Lufthansa WorldShop)を徹底的に紹介します!
私は今回、そんなルフトハンザリモワを事前に予約してゲットしてきました。

ルフトハンザリモワ(Lufthansa Rimowa)をルフトハンザワールドショップで予約購入しました♪ 

ルフトハンザリモワについては下記の記事をご参照ください。

待望のルフトハンザリモワが新型RIMOWAになって登場!!

リモワがリニューアルして路線も大きく変わりました。 そのため、これまでリモワファンの間で最も有名なコラボモデルだったドイツのフラグシップエアラインの「ルフトハンザ」とのコラボモデルがなくなるのではないかと思っていましたが、ついにルフトハンザのワールドショプで
そして、最後に空港でお得に免税手続きをする方法は下記をご参照ください。ドイツは19%のVATが旅行者でも徴収されており、お店と空港で手続きすることで約10%分が還付されます。
ドイツのフランクフルト空港で免税手続き(VAT還付)をする方法を完全解説!!

こちらが私が購入したルフトハンザリモワのレビュー記事です。
ドイツで新型ルフトハンザリモワを買ってきたので徹底レビューします!!

コメント