タイのブラックカード"VISA Infinite"のコスパについて考える | CITI PRESTIGE Card






ブラックカードといえば特別招待制で一般人には関係ないイメージですがタイのブラックカードは一定条件を満たせば申し込みで手に入れることができます。



私がブラックカードと呼んでいるのはVISAの最上級ステータス「VISA Infinite」が付帯しているカードのことです。

タイでは私の使っている「CITI PRESTIGEカード」の他にバンコクバンクが発行しているその名も「Bangkok Bank Visa Infinite Card」があります。

ブラックカードというだけに、年会費が高いのが玉に瑕ですが個人的にはそれを上回るメリットがあると思い、継続して保有しています。

今回はそんなタイのブラックカードは高い年会費を払ってまで継続する価値があるのかどうか(まもなくカードの更新時期なので)検証してみたいと思います。



"VISA Infinite"のコスパについて考える


いろんな特典のついたカードを異国の地で持っていても言葉の壁があったりして特典を使いこなすのが難しかったりします。あとは、使わないサービスも多いので、今回は松・竹・梅と各特典の使い方を想定してVISA Infiniteカードのコスパを検証してみたいと思います。

VISA Infiniteとは

VISA Infiniteとは、「Visaの商品の中で最上位に位置するカードです。

通常クレジットカードにはVISAやMaster、アメックスといった国際カードブランドがついてきますが、そのVISAやMasterカードにもランクがあります。

つまり、VISA InfiniteはあのVISAが発行するカードの中でも最上位のステータスカードということになります。

例えば、私の使っているCITI PRESTIGEカードの場合は、発行元のシティバンク独自のサービスも付帯していますが、VISA Infiniteが提供しているサービスも受けられるということになります。

日本だとなかなかVisa Infiniteステータスが付与されたカードを持つことはできませんが、タイでは結構簡単に手に入れることができちゃいます。

CITI PRESTIGE CARD(シティプレステージカード)

Visa Infiniteが付帯してるクレジットカードのうち、私が保有しているのはシティバンク発行のCITI PRESTIGE CARDです。

多彩な特典があるのは良いのですが年会費が高いのが玉に瑕です。

税抜きの年会費は7,900バーツとなっています。

つまり今回の検証は、このカードを保有していることで得られる特典が税込で8,000バーツ以上になる年会費以上の価値があるかどうかがポイントになってきます。

タイの場合は、”Waive”という暗号で年会費が無料になることが多いと聞きますが、経験上この手のハイクラスのカードは年会費をウェーブするのは難しいです。更新のタイミングで駄々をこねればポイントくらいは付与してくれそうな気がしますが。。

そんなCITI PRESTIGE CARDの魅力は下記の記事にまとめています。

タイのブラックカード!CITI PRESTIGE CREDIT CARD(シティ プレステージ カード)の魅力を徹底紹介!!

今回はこのCITI PRESTIGE CARDで提供されている特典をもとにコストパフォーマンスについて検証したいと思います。

CITI PRESTIGE CARDの特典について

まずは、私が魅力的と思うカードの特典について箇条書きで紹介します。
  • プライオリティパスの無料発行
  • 年4回Suwan Golf & Country Clubのグリーンフィーが無料
  • タイの有名ゴルフ場で無料ゴルフ
  • 年二回の空港無料リムジンサービス(アジア・オセアニア地域で利用可能)
  • Meet & Assistサービス(年二回)
  • 一流有名ホテルのフィットネスクラブ利用無料
  • 無料のアフタヌーンティ(条件あり)
この他にも様々な特典がありますが、これらの特典をもとにVisa Infiniteのコスパを検証していきます。

各特典を金額に置き換えて検証していきますが、人によっては使い方や頻度も異なるので松・竹・梅と3人のモデルケースに分けて検証します。


特典をフルに使いきる「松さん」、特典はほどどに使っている「竹さん」、特典はあまり使わない「梅さん」という設定です。

どーも、松です!特典使い倒してます!

こんにちは竹です。Visa Infiniteには結構お世話になってます。でも元を取れてるかどうか不安です。

どういう特典があるかもわからずあまり使ってないの・・・

プライオリティパスの無料発行

プライオリティパスといえば世界中の空港ラウンジにアクセスできるラウンジカードですが、このカードが無料で付帯してきます。

プライオリティパスにも会員種別がありますが無料付帯してくるのは回数無制限のプレステージ会員同等です。


となると、価値としては429USDとなりますが、年会費が約1万円の楽天プレミアムカードでも無料付帯してくるため、ここではプライオリティパスの価値を1万円(3,000バーツ)と設定します。


ガンガン使うのでこれがないと絶対にダメ!!

プライオリティパスには本当にお世話になってます!

私は飛行機にはあまり乗らないので使ってないのよね・・・


ということで、

  • 松さん:+3,000バーツ
  • 竹さん:+3,000バーツ
  • 梅さん:+0バーツ

となります。

ちなみにバンコクのスワンナプーム空港にはかなり多くのプライオリティパスで利用可能なラウンジがあります。
プライオリティパスで利用できるスワンナプーム空港のラウンジ特集!

年4回Suwan Golf & Country Clubのグリーンフィーが無料

次はSuwan Golf & Country Clubのグリーンフィーが年4回無料になる特典です。

対象のゴルフ場は「Suwan Golf & Country Club(スワンゴルフ&カントリークラブ)」というところで、バンコクの西側にあるゴルフ場です。

これまでに何度か行ったことありますが、池が多く配置されているので難易度が高めですが、手入れの行き届いた非常に美しいゴルフ場です。

ちなみに、休日の場合は下記の料金ですが、CITI PRESTIGEカードホルダーは、一番上のグリーンフィーが無料になります。

【Suwan Golf & Country Club料金】
グリーンフィー(休日):4,000 THB
キャディーフィー:350 THB
カート(任意):750 THB

つまり、最大で4,000バーツ×4 = 16,000バーツ分の価値があることになります。


ゴルフ大好きなので、がっつり年4回使ってます!

年4回は使わないけど年2回くらいは使ってまーす。

私日焼けするから、ゴルフしないの・・・

一回4,000バーツなので、
  • 松さん:+16,000バーツ
  • 竹さん:+8,000バーツ
  • 梅さん:+0バーツ
となりました。

タイの有名ゴルフ場で無料ゴルフ

これは先ほどのゴルフ場とは別にタイの有名ゴルフ場でグリーンフィーが無料になる権利があります。

結構名だたるゴルフ場が名を連ねています。




条件:
  • Privileges are valid for the main cardholder only. 
  • Can be utilized once a month per cardholder from all participating golf courses in the Golf Privilege category. 
  • Privilege is limited to the first 30 persons per month.
月一回、毎月合計30名までの特典となっています。

流石に毎月は予約できないけど、毎月1日に予約して年間6回くらいは使ってるよ!

これまでに年2回使いました。一流コースが無料ってすごい・・・

これもゴルフしない私には関係ないわ・・・

こちらは利用するゴルフコースによって価値が変動しそうですが、4,000バーツ/回として計算します。
  • 松さん:+24,000バーツ
  • 竹さん:+8,000バーツ
  • 梅さん:+0バーツ

年二回の空港無料リムジンサービス(アジア・オセアニア地域で利用可能)

次の特典はゴルファー以外にもメリットがある特典です。空港リムジンサービスが無料で年二回使えるというものです。

この特典の凄いところは、タイ国内だけでなくアジア・オセアニア地域でも使えるため、日本でも使えちゃうところです。

例えば、成田空港から利用した場合は85キロまで利用可能で、都内中心部までリムジンで移動が可能です。

この特典を最大限に行かせるのは日本だと思います。

私が成田から使った時はアルファードが迎えにきてくれてびっくりしました・・・

成田空港から使った場合、Uberのハイヤーサービスで価格を調べると2.7万円〜3.2万円とのこと。。

少なめに見積もっても2.5万円/回(約7,500バーツ)の価値はあることになります。


もちろんこれは年二回きっちり日本で使ってるよ!

日本で一回、タイで一回使いました!

これはTwitterで教えてもらって、使わないと損だから年二回の一時帰国の際にしっかりと使いました!プチセレブ気分が味わえて最高だったわ♪

日本の場合は7,500バーツ、タイの場合は1,200バーツとして計算します。
  • 松さん:+15,000バーツ
  • 竹さん:+8,200バーツ
  • 梅さん:+15,000バーツ
ここで初めて梅さんにもポイントが加算されました。

Meet & Assist(年二回)

もう一つ、空港関連のサービスではMeet & Assistというサービスがあり、スタッフの方が迎えに来てくれて、イミグレや荷物の受け取りなどエスコートしてくれるサービスがあります。

タイの滞在ビザとセットになったタイランドエリートなどで付帯しているサービスと同等です。

このサービスを使えば、ファストトラックサービスも利用可能です。

ちょっと、金額化するのが難しいですが600バーツ/回と設定します。


もちろんこれも年二回使ってるよ!

これ使いたいけど使い方がわからずまだ使ってません。。

こんな特典あるのも知らなかった・・・
  • 松さん:+1,200バーツ
  • 竹さん:+0バーツ
  • 梅さん:+0バーツ

一流有名ホテルのフィットネスクラブ利用無料

次に紹介する特典も結構驚きの特典ですが、マリオットやコンラッドといった一流ホテルのフィットネスジムを無料で利用できる特典です。


これ普通にフィットネスクラブを使えるので、フィットネスクラブに通う必要がないんですよね。タイの場合は、自宅のアパートにフィットネスジムが付いていることも多いかと思いますが、一流ホテルのフィットネスのファシリティは全然違います。

例えば下記の記事で紹介しているコンラッドバンコクのフィットネスが毎日でも無料で利用可能です。(ホテル毎に1日あたりの受け入れ上限数あり)
ホスピタリティ満点!コンラッド・バンコク宿泊レビュー(CONRAD BANGKOK)

このおかげでフィットネスクラブに通うお金が掛からなくて助かってる!

これはまだ使ったことないです・・・

自宅のフィットネスで十分かな・・・

フィットネスクラブに通うと3,000バーツ/月くらいするので年間で計算すると36,000バーツになります。。
  • 松さん:+36,000バーツ
  • 竹さん:+0バーツ
  • 梅さん:+0バーツ
松さん大変なことになって来ましたねw

無料のアフタヌーンティ(条件あり)

次は無料のアフタヌーンティです。

年一回だけですが、60日間のうちに80,000バーツ以上使うと一流ホテルやハロッズなどのアフタヌーンティが無料になるサービスです。

私も先日利用して来ました♪

タイのブラックカードでサイアム・ケンピンスキーの無料アフタヌーンティを堪能してきました♪

タイのブラックカードこと「CITI Prestige Card」の特典を使ってサイアムケンピンスキーの無料アフタヌーンティを楽しんできました♪



もちろんこれも使ったよ!

きっちり使わせてもらいました!

もちろんこれは利用しましたよ♪ハロッズのアフタヌーンティが最高だったわ!

使う場所にもよりますが一回当たり1,000バーツとして計算します。
  • 松さん:+1,000バーツ
  • 竹さん:+1,000バーツ
  • 梅さん:+1,000バーツ
同じく無料のホテルブッフェランチ特典もありますが、そちらは60日間で30万バーツ以上使う必要があり、流石にそちらは利用するハードルがかなり高いです。

VISA Infiniteのコスパは如何に?!

ということで、ここまで紹介して来た盛りだくさんの特典ですが、松さん、竹さん、梅さんは合計どれだけの恩恵を受けているでしょうか?

まずは、一番少ないと思われる梅さんは・・・

16,000バーツだったわ。リムジンサービスが大きかったわね!

次に真ん中の竹さんは・・・

28,200バーツでした。まだまだ使いこなせてませんねw
そして最後、かなり満喫している松さんは・・・

96,200バーツ!せっかくいいカード持ってるんだから特典を使いたおさにゃ損だよ!

ということで、最大96,200バーツ分も特典を利用しているという検証結果になりました。

実際には、これ以上使おうと思えば使えると思いますが、逆になくてもいいものも多く、この特典を必要と考えるかどうかが年会費8,000バーツを払う価値があるかどうかを考えるポイントとなりそうです。

"VISA Infinite"のコスパについてまとめ

しっかり使いこなせば30万円以上のベネフィットを受けられるカードであることがわかりました。

例えば、ホテルのフィットネスを毎日でも使おうと思えば使える特典はすごいですよね!

今回の検証でもその部分の金額が何気に大きくなりました。

他にも空港リムジンが日本で使えるの重宝します。大きな荷物を持って移動する手間が省けるのは大きいです。

あとは、ゴルフ好きには堪らない特典が盛りだくださんなので、ゴルファーは持っておいて損はないと思います!

とはいえ、これらの特典を完全に使いこなすのも大変そうです。

個人的には、あったらいいなと思うサービスが多いので、継続をしようかと思っていますが、一度Waiveにトライしてみてポイントなどゲットできないかコジ活してもいいかなと思ってます。

今回紹介した特典以外にも、貯めたクレジットカードのポイントをブリティッシュエアウェイズのAviosに交換して、JALで日本行きの特典航空券を発券できるのもポイントが高いです。

一方で、先日紹介したようなトラブルがタイのクレジットカードでは頻発するのも事実としてあります。
二重請求は当たり前?!実際に遭ったタイのクレジットカードのトラブルまとめ

コメント

  1. 知りたいことを丁寧にまとめて頂いてありがとうございます。
    お陰様でホテルのジムを良く使っています。
    アシストandミートサービスは謎です。リムジンサービスはwebなので何とか使えてますが。
    ゴルフ場もまだ使ったことないので、チャレンジしてみるかー、予約、、

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      Meet & Assistも電話予約だと思うのでちょっと面倒です。
      ジム使われてるんですね、実はまだ使ったことがなくて、何処かのタイミングで使いたいなと思ってます。ゴルフも電話予約必要ですね。先着順なので月初の電話が必要だと思います。
      ちなみにVISA Signatureでも別のゴルフ場予約できるのは意外に知られてないと思います。

      削除

コメントを投稿