観光の拠点に最適!ヒルトン ブダペスト シティ(Hilton Hotel Budapest City)宿泊レビュー






春のブダペスト旅行の際に「ヒルトン ブダペスト シティ(Hilton Hotel Budapest City)」に宿泊してきました。


ブダペストは物価も安く、ヒルトンにしてはホテル代金も控え目だったので宿泊してきました。

ブダペストには「ヒルトンブダペスト」と「ヒルトンブダペストシティ」という二つの似た名前のヒルトンがありますが、今回は後者の「ヒルトンブダペストシティ」のレビューになります。

もう一つのブダ側の世界遺産の中にある「ヒルトンブダペスト」にも宿泊してきたので、その模様は別記事でお伝えします。

観光の拠点に最適!ヒルトン ブダペスト シティ(Hilton Hotel Budapest City)宿泊レビュー


街中の交通の便がいい場所に立地し、隣にはショッピングセンターがあり、観光には絶好のロケーションにあるホテルで、清潔で快適に過ごすことができました。

ヒルトン ブダペスト シティ(Hilton Hotel Budapest City)

ブダペストはドナウ川を挟んで、東側のブダ側と西側のペスト側に分かれますが、今回紹介するヒルトン ブダペスト シティはペスト側のブダペスト西駅(Budapest-Nyugati)のすぐ隣にあるホテルです。

もう1箇所の似た名前の「ヒルトンブダペスト」は、ブダ側の世界遺産「漁夫の砦」の隣というかなり特別な場所にあります。

ホテル自体は、両方とも素敵でした。そして、「ヒルトンブダペスト」の方はその立地からかなりの特別感を味わうことができるホテルなので、ブダペスト旅行の際には是非宿泊して欲しいですが、今回紹介する「ヒルトン ブダペスト シティ」もその立地の良さから観光の拠点にはうってつけでした。

そして、今回一番安い部屋を予約したのですがヒルトンゴールド会員のおかげでエグゼクティブフロアにアップグレードしてもらい、ラウンジを使うこともできたのでさらに満足度はアップしました♪

便利な立地



というのも、ヒルトンブダペストシティはブダペスト西駅のすぐ隣にあるだけでなく、ブダペスト市内の地下鉄3号線の駅「Nyugati Pályaudvar」もすぐ近くにあり、その周辺にはトラムやバスの駅もあるため、どこに行くにも非常に便利な立地でした。

また、地下鉄の駅周辺にはファストフード店やスーパーマーケットもあり食べ物にもこまりません。

さらに、ホテルはそれほど大きくはないですが「WestEnd City Center」という西駅に直結のショッピングセンターにも隣接しています。

地下鉄やメトロバスを乗りこなせば、ブダペスト市内の大抵の観光地には公共交通機関で行くことができました。

また、ブダペストに行く機会があれば次回もこちらのホテルを拠点にしたいと思っています。

すぐ近くには、世界一美しいマクドナルドもあるので宿泊の際はぜひ訪問してみてください。


行き方

前述の通り地下鉄3号線の駅「Nyugati Pályaudvar」の近くで、ホテルの近くにはトラムもバスも、そして西駅という列車の駅もあるため、アクセスは非常にしやすい場所にあります。

ブダペストのリスト・フェレンツ国際空港空港からくる場合は、100Eバスに乗って「Deák Ferenc tér」という地下鉄3号線M3の駅までいき、そこから地下鉄でわずか二駅でNyugati Pályaudvar」に到着できます。そこからは地下道を通って歩いて数分です。


地下鉄の「Nyugati Pályaudvar駅」からは地下道でホテルの近くまでいけますが最寄りの出口はこんな感じでした。一見、危険がありそうな雰囲気がしますが、夜の遅い時間でも全然危ない雰囲気はなかったです。


空港からのアクセスの詳細は下記の記事をご参照ください。


市内からの移動の場合も同じく地下鉄かトラムでの移動が便利だと思います。「Nyugati Pályaudvar」にはトラムの4番・6番が停まります。

そして私はウィーンから列車で到着しましたが、ウィーンからの列車はブダペスト東駅に到着します。

そこからバスや地下鉄を乗り継いで移動もできますが、初日だったのでライドシェアのBolt Taxifyというサービスを使って移動しました。

ハンガリーは、白タク禁止なのでタクシー登録されたTaxifyの車が迎えにきてくれます。

東欧旅行で活躍間違いなし!ブダペストでタクシー配車アプリのTaxifyを使ってみました。

チェックイン

この時は事前にアプリで数日前からエグゼクティブフロアにアップグレードされていたのを確認しており、そして前日にはアプリでチェックインを済ませていたので、チェックインをドキドキすることなく迎えることができました。


この時は2連泊したのですが、別々に予約した方がトータルで安かったので、一泊目と二泊目を別々に予約しました。事前に両方ともエグゼクティブルームにアップグレードされ、アプリ上でも両方とも同じ部屋を指定できましたが、システムの都合上、カードキーが使えなくなるので一度、フロントにキーを交換にきて欲しいと言われ、翌日のお昼ころにキーの交換に行ってきました。

ちょっとめんどくさいですが、別々に予約してしまったのでしょうがないですね・・・

チェックインの時にしっかりとラウンジアクセスできることを説明してもらい、Premium WiFiも無料で利用できたのでインターネットが快適でサクサクでした。


キングエグゼクティブルーム

今回はキングルームの予約でしたが、ゴールドメンバーのおかげでエグゼクティブルームにアップグレードしてもらったので最上階(と言っても4階)のエグゼクティブフロアに宿泊できました。

こちらがエグゼクティブフロアの廊下です。


このホテルの廊下から見える景色が素敵でいちいち感動してしまいます。

4Fのラウンジのベランダから撮影
そしてこちらが部屋の全景です。奥に見える景色が素敵ですよね!


反対から撮影するとこんな感じです。


部屋自体はオーソドックスなタイプですが、非常に綺麗で清潔に保たれていました。

何と言っても特徴的なのはこちらのソファーチェアです。


滞在中はずっと忙しくなく、市内を歩き回っていたのでそんなに部屋で過ごす時間が少なかったのですが、部屋で休憩する時はこちらの椅子に横になっていました。

そして、ゴールドメンバー向けの特典アメニティにスティルウォーターと炭酸水、そしてミニボトルのワイン、そして夕方にはミニケーキが二日連続で置かれていました。

1日目
2日目
そして、同じフロアにはラウンジもあるので滞在中は食べ物と飲み物に困ることはなかったです。

ベッドもキングサイズで寝心地のいいベッドでした。


ホテルの南東側は駅で線路があり、高い建物が周辺にないため、窓からは綺麗な景色を見ることができました。部屋を選ぶ時に眺望で悩んだのですが南東側向きに窓がある部屋にして正解だったと思います。




デスクもあるので、仕事やブログ活動も捗ります。


先ほどの机の水は無料でしたが、こちらのお水は有料でした。ケトルがあるのはお湯を沸かしたりするのに便利ですよね。


クローゼットもそんなに大きくないですが完備されています。


そして、お風呂はバスタブとシャワーブースがあります。


湯量も不満はありませんでした。


バスアメニティはヒルトン定番のアメニティでした。


部屋は非常に綺麗で満足のいくお部屋でした。この部屋が税サ込みで100ユーロ前後なら安いですよね!

フィットネスジム

フィットネスジムは4Fの一番奥にありました。


入場にはカードキーが必要です。



フィットネスジム自体はそれほど大きくないですが、一通りの機材は揃っています。

何より、この素敵な景色を見ながらトレーニングできるのはいいですね!


もうちょっとベランダスペースが少ないともっと綺麗に見えるのになーと思いました、


お水やタオル、りんごも完備されていました。



エグゼクティブラウンジ

ヒルトンブダペストシティのエグゼクティブラウンジは、エグゼクティブフロアと同じ4階にあります。

エグゼクティブフロア利用者やダイヤモンド会員が利用可能ですが、私のようにゴールド会員でエグゼクティブフロアにアップグレードされた場合も利用可能です。

エグゼクティブラウンジの詳細は下記の記事にまとめています。
ヒルトンブダペストシティのエグゼクティブラウンジを紹介します!

ヒルトン ブダペスト シティ宿泊レビューまとめ

今回は観光に便利な立地にあるヒルトンブダペストシティを紹介しました。

こちらのホテルは安い時は89ユーロ、税サ込みでも100ユーロ前後で宿泊ができました。高い時はもっと高かったですが・・・

その値段でこのクオリティのホテルに宿泊できるのはさすがはヒルトンと思いました。

この後に宿泊してきたもう一つのブダ側にあるヒルトンブダペストも素敵でしたが、お部屋自体はこちらのヒルトンブダペストシティの方が良かったように感じました。

とはいえ、そちらのヒルトンブダペストは立地が唯一の存在なので、そちらの様子も近いうちに紹介したいと思います。

コメント