コロナの影響によるインターコンチネンタルアンバサダーのメンバーシップ延長とエリートステータスの延長について






コロナの影響でホテルに泊まる機会が全然ないのでステータスの状況も気にしていなかったのですが、今朝メールを見るとIHGから「インターコンチネンタルアンバサダー会員と地域への支援」というタイトルのメールが届いていました。

インターコンチネンタルアンバサダーについては昨年の12月に入会してその恩恵を十二分に受けてきたわけですが、コロナの影響を鑑みてエリートメンバーシップの延長とウィークエンド無料宿泊券の延長が発表されています。

以前からエリートステータスの延長も発表されていましたが、インターコンチネンタルアンバサダーの特典としてプラチナエリート会員が付随してきますが、その辺りどうなるのか、自分のアカウントを確認してみたので紹介したいと思います。


コロナの影響によるインターコンチネンタルアンバサダーのメンバーシップ延長とエリートステータスの延長について


有料で取得できるインターコンチネンタルアンバサダーは上手に使えばメリットが非常に大きいわけですが、コロナの影響でそちらのステータスの延長が発表されています。



IHGインターコンチネンタルアンバサダーとは?

インターコンチネンタル・アンバサダーとは、世界各国にホテルを展開するIHGグループの上級会員にお金 (200USD)を払うことでなることができる会員プログラムです。

通常、ホテルの上級会員は滞在日数やクレジットカードの特典で得られますが、こちらはクレジットカードではなく会員資格を購入することになります。

お金を払う価値のある会員なのでもちろん特典があります。
  • 客室アップグレード保証
  • レイトチェックアウト
  • 最大20USD相当の飲食クレジット
  • ウィークエンド無料宿泊(週末の2泊目が無料)
  • IHGプラチナエリートステータスの付与
これらの特典が世界各国に展開する200以上のインターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツで受けることができます。

さらに2019年からはIHGプラチナエリートステータスが付与されるのでホリデーインなどのIHGホテルに宿泊する際もプラチナエリートステータスの特典を享受することができます。

ステータスとしては、IHGプラチナアンバサダーという位置付けになります。


インターコンチネンタルアンバサダーの特典を受けることができるのは、インターコンチネンタルホテルに宿泊する時のみで、別のIHG系列ホテルに宿泊する場合はプラチナエリート会員の特典が適用されます。

インターコンチネンタルアンバサダーの詳細については下記の記事にまとめています。

インターコンチネンタルアンバサダーのメンバーシップ延長について

そんなインターコンチネンタルアンバサダーのメンバーシップは通常は1年ですがコロナの影響でIHGは下記の通り3ヶ月の延長を発表しています。
IHGは引き続き状況の変化を注視し、キャンセルポリシーとロイヤリティプログラムの継続的な見直しを行っています。その中で、インターコンチネンタル®アンバサダーの会員資格を3カ月間延長いたしました。
これに伴い、ウィークエンド無料宿泊の延長も3ヶ月の延長を発表しています。
これには未使用のウィークエンド無料宿泊券の有効期限に対する3カ月間の延長が含まれます。これらの変更は、数週間以内に会員アカウントに自動的に反映されます。
ただし、適用されるのは2020年3月14日以前に登録した会員のみとなっています。
ただし、2020年3月15日より後に登録または更新された会員の方には、延長は適用されません。

エリート会員資格の延長について

エリート会員資格については、下記の通り全ての会員のプログラムステータスは2022年1月まで自動的に延長することが発表されています。
全ての会員のプログラムステータスは2022年1月まで自動的に延長され、会員が2019年に獲得したステータスの全メリットを享受いただけます。スパイアエリート会員については、毎年25,000ボーナスポイントの選択式特典またはご友人へのプラチナエリートステータスプレゼント特典が含まれます。この変更は、数週間以内に会員アカウントに自動的に反映されます。
私はIHGインターコンチネンタルアンバサダーになることでプラチナエリートステータスになっています。

IHGアプリでステータスの有効期限を確認すると、2019年10月の下旬に入会して、もともとの期限が2020年12月31日までとなっていましたが、2021年12月31日までと1年間延長されていました!


どちらにしてもウィークエンド無料宿泊狙いで延長しようと思っていたのでこれは嬉しいですね!(なかなか使う機会はなさそうですが・・・)

エリートレベルステータス基準の緩和について

エリートレベルステータスの獲得に必要な条件も従来の25%以上の緩和が発表されています。
エリートレベルステータスのポイント獲得期間中のご旅行計画に制約が増え、対象期間が短くなることから、エリート会員に必要な今年の基準(宿泊日数またはポイント)を25%以上緩和いたしました。これにより会員の皆様は2020年も高いステータスレベルを維持することが可能となります。 

ウィークエンド無料宿泊について

今回、期限の延長が発表されているウィークエンド無料宿泊券に魅力を感じて、プラチナアンバサダーに入会したという部分もありますが、ウィークエンド無料宿泊は上手に使えば年会費以上の価値で使用することができます。

ウィークエンド無料宿泊については下記にまとめています。

上記の例では、5.9万円分の通常で予約するより安く宿泊できたので十分に年会費の元を取ることができています。

IHGインターコンチネンタルアンバサダー宿泊レビュー

インターコンチネンタルアンバサダーに入会してからインタコに数回宿泊しています。

インターコンチネンタルバンコクに宿泊した時は、最上級スイートにアップグレードされるというサプライズもありました!(色々な要因が重なった結果ですが・・・)

他にもリゾート地を中心にインタコに宿泊して恩恵をどっぷり受けてきました!

いずれのホテルも大満足の滞在になりました!

コロナの影響によるインターコンチネンタルアンバサダーのメンバーシップ延長まとめ

今回はコロナ禍によりIHGインターコンチネンタルアンバサダーのメンバーシップの延長とそれに付随するエリートステータスの延長について紹介しました。

インターコンチネンタルアンバサダーステータスに関しては3ヶ月の延長、私のケースではエリートステータスは1年間の延長がされていました。

あわよくば、ステータスの敷居が下がっているスパイアエリートも狙ってみたいところですが、当面は自粛が続くのでしばらく様子見ですね。。

何れにしてもホテル業界、航空業界は様々な救済策を出していますが、それぞれの会社運営自体が危機的状況にあるので、非常に心配な状況が続いています。

一刻も早く、普通に旅行できる日が来てほしいものです・・・

コメント