ザ・ペニンシュラ バンコク宿泊記!デラックススイートを堪能してきたので徹底レビューします!!






バンコクのチャオプラヤ川のリバーサイド沿いにあるペニンシュラバンコク(Peninsula Bangkok)に宿泊してきました!


しかも今回は、タイ在住者プロモーションで予約したので朝食はもちろん、アフタヌーンティ&SPAのおまけ付きです!

そして、せっかくペニンシュラに泊まるならスイートに泊まってみたい!と思い、デラックススイートに宿泊してきました。

たっぷり写真を撮ってきたので宿泊を考えている方の参考になるように紹介したいと思います♪

ペニンシュラ バンコク宿泊記!デラックススイートを堪能してきたので徹底レビューします!!


滅多にペニンシュラに泊まる機会はないですが、タイは高級ホテルでも比較的リーズナブルかつタイ在住者プロモーションでおまけ満載だったのでちょっと豪華にスイートルームに宿泊してきました♪非日常が味わえてかなりオススメです!!

ザ・ペニンシュラバンコク


ペニンシュラバンコクはバンコクリバーサイド沿いにある高級ホテルです。

バンコクリバーサイドには、有名ホテルチェーンが建ち並んでいますが、その中でもワンランク上のラグジュアリーホテルに分類されるホテルです。

客室はダークウッドの家具を基調にに随所にタイシルクも使われており、エレガンスなデザインとなっています。

最近できた、アイコンサイアムにも徒歩圏内の立地ですが、ホテルの敷地内は非常に静かでバンコク市内の喧騒を忘れてゆったりと過ごすことができ、まさに都会のオアシスという表現がぴったりです。


観光の際には、「暁の寺」ワットアルンや王宮、ワットポーにアクセスしやすい立地になっています。(王宮やワットポーへはチャオプラヤ川を渡る必要があります。)

インスタ映えで有名なワットパクナムにも比較的アクセスしやすい立地です。


アクセス・行き方

ペニンシュラバンコクはチャオプラヤ川沿いにあるのでBTSでサパーンタクシン駅まで行き、そこからペニンシュラのシャトルボートで行くか、タクシーで直接行くこともできます。


ボートでのアクセス方法については、下記の記事でシャトルボートをペニンシュラに置き換えてください。

タクシーの場合は、一旦チャオプラヤ川を渡ってアイコンサイアム側に渡ってから行きます。

周辺の道路はアイコンサイアムができてから渋滞が慢性化している気がしますが、下記の看板がペニンシュラバンコクの目印です。


空港からの場合は、タクシーやGrabで行くのが手っ取り早いと思います。スワンナプーム空港、ドンムアン空港共に同じくらいの距離にあるので、渋滞がない場合は40分程度ですが、渋滞の状況によっては1時間から1時間半くらいかそれ以上かかる可能性もあります。
ドンムアン空港からの移動手段は下記の記事をご参照下さい。

チェックインの様子

チェックインはL階のロビーフロアで行います。


チェックインカウンターは奥の方にこじんまりとあり、14時半くらいに行きましたがスタッフが1名しかおらずそれなりに待つ必要がありました。

ペニンシュラなので、もっとしっかりした対応を期待していたのでちょっとだけ拍子抜けしました。。(私たちがチェクインした後に、スタッフの方が続々出て来たのでちょうどミーティングとか?だったのかもしれません。)

そして、あとで紹介しますが、この時に担当してくれたスタッフの方があるサプライズを仕込んでくれていました・・・(サプライズは、スタッフがいなかった事とは関係ないです。)

今回は、最初からスイートルームを予約しており、アップグレードを期待することもなくチェックインが完了しました。


チェックインの際に貰ったこちらの花は全て本物の花で出来ていてすごくいい香りがしていました。

そういえば、カウンターのお姉さんがそのまま部屋まで案内してくれて、部屋でチェックイン書類を書くのは、これまでにないスタイルでした。

デラックススイートルームのレポート


ホテル自体は新しくないですが、全体的に重厚な感じでエレガンスな雰囲気が漂っています。

デラックススイートは下記のフロアプランでは、下にある「04」と「09」号室みたいです。

今回アサインされたのは04号室の方でした。


こちらがペニンシュラのページに記載されているデラックススイートの紹介です。
デラックススイートは洗練された空間で、ラグジュアリーなひとときをお過ごしいただけるスイートルームです。 重厚感のあるチーク材の床に、美しい手触りのシルクの調度品、アジアの美術品、4名様までご利用いただけるダイニングテーブルなどを配しております。大理石のバスルームには、オスカー・デ・ラ・レンタのザ・ペニンシュラホテルズ限定のアメニティをご用意しております。
こちらがデラックススイートのフロアプランです。


リビングスペース

部屋に入ると象さんがお出迎えしてくれます。


そして、デスクが配置されています。


奥に見えるクローゼットの様な扉の奥はトレイです。ここで、チェックインの書類を記入しました。

デスクの上のお花も素敵ですね!

ちなみにこのデスクの引き出しには、絵葉書が3枚入っていました。


他にもプリンターが設置されていて、コピー機能を使いましたが、無料で使うことができました。


そして、お部屋の紹介ですがそのまま中に入るとリビングスペースです。


テーブルとソファーがあります。ここだけで十分なスペースですよね。。

こちらのソファーはふかふかで気持ち良かったです。


ほとんど利用することはなかったですが、テーブルも重厚感あるデザインです。


あいにくの天気でしたが、向かいのマンダリンオリエンタルバンコク やシャングリラ、ルブアットが真正面に見えます。


夜になると素敵な夜景が楽しめます。(窓ガラスが汚かったのはしょうがないですかね・・・)


次は奥にあるベッドルームを紹介します。


ベッドルームも広いですね!ドレッサーも付いていて、時計屋宝石を収納するケースも付いていました。さすがは高級ホテルですね!

ベッドはそれほど大きくはなかったですが、低学年の子供と親子3人寝るには十分なサイズでした。(チェックインの時にエクストラベッドを聞かれましたが、お願いしませんでした。)


ベッドサイドのサイドテーブルの扉に充電用の各種ケーブルが用意されていました。部屋自体は古いので、こういった後付けのもので使い勝手を向上させているのは好感度アップですよね。(USB Type-Cまで対応しているのは流石です!)


こちらのソファーに座って眺める景色も素敵です。


ただ、夜になると・・・


カーテンを開けていると隣から丸見えなので注意が必要ですね。

クローゼット

荷物置き場もかなりゆったりスペースが取られています。




クローゼットもたっぷりの収納スペースです。こんな素敵なホテルで洋服をクローゼットにいっぱいかけて一週間くらい滞在できたら最高ですね!

スリッパ

私の中では結構重要だったりするんですが、ペニンシュラのスリッパは使い捨てにも関わらずそこがゴムになっていて、はき心地がすごく良かったです。


 女性用と男性用ではサイズが異なります。

フカフカで履きやすかったです。

バスルーム・水回り

バスルームには当然バスタブがあり、豪華な大理石でできています。ペニンシュラのホームページなんかでよく使われていますが、そのまんまの素敵なデザインでした。

湯量も申し分なく、テレビも付いていてお湯を張ってゆったりとお風呂に入ることができました。


洗面台は両サイドに一個ずつ配置されています。


シャワーブースも完備されています。


アメニティ

アメニティは「Oscar de la Renta(オスカーデランタ)」のもので統一されていました。




しっかりと歯ブラシやネイルケアキットもあります。


ミニバー・冷蔵庫


普段から部屋の冷蔵庫をあまり使うことはないですが、スパークリングウォーターからビールまで完備されています。

コーヒー・紅茶

無料のお水はもちろん、コーヒー・紅茶も充実していました。


ネスプレッソのマシンが置かれてるんですが、説明書には「THE PENINSULA」と書かれているあたりは流石ですね!


ターンダウンの時に氷も入れていってくれていました。流石のサービスですね!

ウェルカムギフト

この日は、在住者プロモーションの特典でアフタヌーンティが付いていたので、アフタヌーンティから帰ってくると、マカロンとチョコレート、クッキーが置かれていました。


アフタヌーンティの後にこれはきついので、流石にすぐには食べれませんでしたが、嬉しいサービスですね!


甘党としてはウェルカムフルーツよりこっちの方が嬉しいかも・・・

シューシャインサービス

部屋にシューシャインをお願いするためのボックスがクローゼットのところに用意されています。


外と繋がっているので、ここに靴を入れてボタンを押しておくと、外から持っていってくれて、磨き終わるとここに戻しておいてくれます。

普段はサンダルやラフな靴が多いのですが、この時はペニンシュラなので気を使ってそれなりの靴を履いていたので出してみました♪

すると、結構すぐに帰ってきてました。


 袋に入った状態で、ちゃんとシューキーパーも付けて返してくれました。


さすがは高級ホテルのサービスですね!

プール


いった時は雨季でしたが一日中雨が降ることは稀なので晴れている間にプールも楽しんできました。




自由に使えるカバナが設置されていて、人もそれほど多くなかったのでゆったりと過ごすことができました。


タオルを借りてカバナを利用していると、部屋番号を聞かれます。逆にしっかりしていていいですよね。

お水や野菜ジュース?のようなものを無料で持ってきてくれました。


ちなみに、このタオルはお客さんが変わるたびに変えていました。

流石ですよね!!

奥の方はクワイエットスペースになっているので子連れの場合は、川側のプールで遊ぶのが良さそうです。


 一番奥のスペースには温水のジャグジーもあるので、プールで泳いだ後はゆっくりと使って体を温めることができます。


南国といってもずーっとプールに入っていると体が冷えてくるのでジャグジーがあると個人的にはテンションが上がります。

フィットネス

フィットネスはプールと同じ階にあり、SPAと同じ入り口なので最初どこにあるかわかりませんでした。


フィットネスは上記の入り口から入って左側にあります。


着替え用のロッカーもあるらしいのですが、いった時は工事中で利用不可でした。


お水だけでなく、フルーツやお茶も置かれているのは豪華ですよね。


フィットネス自体はこじんまりしていましたが、トレーナーの方がいらっしゃいました。


無料のヴィンヤサヨガ

土曜日の夜に宿泊したのですが日曜日の無料アクティビティーはヨガでした。



事前予約が必要で9時からスタートするのですが、子供の参加は不可だったので妻だけ参加してきましたが、ほとんどが日本人だったとか(笑)

写真を見る限り普段はこちらの芝生でやるんですかね。


この日はあいにくの雨だったので、隣にあるタイレストランの上にあるこちらのスペースで行われたようですが、人目が気にならずよかったといっていました。



スパ体験レビュー

日本では数万円するペニンシュラスパを今回はタイ在住者プロモーションで無料で体験して来ました♪

ザ・ペニンシュラバンコクの「ザ・ペニンシュラ スパ」で極上SPAを堪能!!

ザ・ペニンシュラバンコク(THE PENINSULA BANGKOK)のSPAを堪能してきました♪

朝食

ペニンシュラバンコクは朝食も満足のいく内容でした。朝食の様子については下記の記事をご参照ください。

ザ・ペニンシュラバンコクの朝食レビュー@ River Cafe and Terrace

アフタヌーンティ(The Lobby)

宿泊パッケージにアフタヌーンティも含まれていたので、到着早々アフタヌーンティを楽しんできました。

ディナービュッフェ(River Cafe & Terrace)

そして、夕食はペニンシュラバンコク内のリバーサイドのホテル「River Cafe & Terrace」でディナービュッフェを楽しんできました。

ペニンシュラバンコクのビュッフェというとすごく高価そうな気がしますがeatigoを使って50%オフで楽しんできたので、リーズナブルに堪能することができました。

フォアグラが食べ放題!ザ・ペニンシュラバンコクで豪華ディナービュッフェを半額で堪能!

翌朝にサプライズが!!

そして、この日朝ごはんを食べて部屋に戻るとまさかのサプライズが!


この日は子供の誕生日で泊まっていたのですが、旅行会社を経由して予約したこともあって、ホテルにはそのことは伝えていませんでした。(誕生日はサプライズのあった日です。)

でも、チェックインの時にパスポートをコピーしてもらわないといけないのですが、その時にフロントのスタッフの方が確認してくれて、サプライズを演出してくれました!

子供は大喜びでした!

チェックアウトの時にもスタッフの方からお祝いの言葉をいただきました!!

前日のウェルカムギフトのマカロンと一緒に美味しくいただきました。

帰りにアイコンサイアムでケーキを買って帰ろうという話をしていたのですが、お陰様でケーキは不要になりました(笑)

ザ・ペニンシュラ バンコク宿泊記ブログまとめ

バンコクのチャオプラヤ川沿いにある高級ホテルのペニンシュラバンコクの宿泊レビューを紹介しました。いかがでしたか?

ちょっと奮発してデラックススイートにしましたが、在住者プロモーションやeatigoを駆使したおかげでかなりお得に宿泊できました。

タイ在住者限定プロモーションでお得に超一流ホテルのマンダリンオリエンタルやペニンシュラに宿泊しよう!

そして、最後はサプライズまで充実のホテルステイになりました。

もともと、ホテルに滞在することが目的なので、滞在中は一歩もホテルの敷地から出ることなく過ごしましたが、本当に素敵なホテルでした。

コメント