2017年版 憧れのリモワ(RIMOWA)を安く買う方法


スポンサーリンク


本日はリモワ(RIMOWA)のお得な買い方についてまとめます。現在、メーカー側の意向なのか、リモワは正規ルート(株式会社林五)以外では入手しづらくなって来ています。

そんな厳しい状況の中で、どうすれば安く購入できるか紹介します。

TOPAS STEALTH(#986.15)(84ℓ)

リモワを安く買う方法について

リモワの購入方法

 リモワを購入する場合以下のルートが考えられます。
  1. 日本の正規代理店で購入(林五オンライン、デパートなど)
  2. 日本のネット通販で並行輸入品を購入 
  3. 海外のリモワショップで購入
  4. 自分で個人輸入する
以前は、上記の中でも様々な選択肢があったのですが、最近は販売ルートが規制されており、安く購入するチャンスが減っています。

日本の正規代理店で購入(林五オンライン、デパートなど)

2015年に入ってから、RIMOWAリモワ”正規代理店のネット販売が終了されました。その影響で日本正規品を安く買うルートが断たれてしまいました。

正規品のネット販売は日本のリモワ輸入総代理店 林五オンラインに限られてしまいます。その他、デパートの鞄売りや場やRIMOWA Storeで日本正規品の購入が可能ですが、価格も定価販売が多く、お得には買えません。

そして2016年6月23日をもってANAショッピングでの販売も終了してしまっています。その為、ANAとのコラボモデルが買えないばかりか、ANAショッピングのキャンペーンなどで、マイルを大量ゲットすることもできなくなってしまいました。

JALショッピングも2016年3月31日 で販売を終了しています。こちらもマイル3倍キャンペーンやJGCカード決済で10%オフなど国内正規品を安く購入することができたのですが、それもできなくなってます。

日本のネット通販で並行輸入品を購入

個人輸入と関連するのですが、おそらくリモワ本社から並行輸入品に関する規制がかかっており、楽天やYahooショッピングでも、ここ数年で取り扱いがかなり減ってしまっています。そのため、価格も正規品と大差がないお店がほとんどです。

海外のリモワショップで購入

ドイツに行く用事があれば、この方法がもっとも安く手に入ります。ドイツやEU圏内のルフトハンザ ワールドショップでルフトハンザとのコラボモデルなど日本では手に入らない逸品が安く手に入ります。

ドイツでは、定価が安いばかりかそして、VATリファンドもあわせれば為替次第ですが日本の半額くらいで購入できます。

下記の方法を駆使すればドイツ旅行中に確実に欲しいリモワをゲットできます。
憧れのルフトハンザリモワ(Lufthansa Rimowa)をドイツ旅行中に安く確実に買う方法
しかし、中々ドイツに行く機会はないですよね。。

リモワが猛烈に欲しいとき、リモワを買いにドイツまで行こうかと本気で考えたことがありました。私が欲しかったのはルフトハンザ ボーイングです。

手ぶらでドイツまでいって、3つスーツケースを買ってきて、一つは自分の物にして、二つをオークションで売れば、交通費くらいはペイできるのではと本気で思ってました。(いや、本当にできると思いますが、踏み出す勇気が足りませんでした。)

その後本当にリモワを買いに行ったらどうなるか検証して見ました。
ルフトハンザリモワ(RIMOWA)を買いにちょっとドイツまで行ったらどうなるか?本当に安く買えるのか検証してみました
ドイツやEU圏以外では中々お得なお店はありません。台湾に安いお店があるとネットで見ましたが、私自身は確認していません。

タイ、シンガポール、インドネシア、マレーシア、アメリカで価格調査しましたが、日本と比較して格別安いということはなかったです。アメリカは日本の正規品と比較して1万円くらい安かったですが、それ以外の国は日本の正規品と同等かそれより高かったです。

自分で個人輸入する

こちらも2014年以前までは最も安く購入できる方法でした。ドイツの「koffer direkt」や「koffer 24」は、ドイツの定価からさらにクーポンを使って割引で購入でできるだけでなく、VATリファンド(19%)もできるようで、送料を考えてもドイツ国内で購入するのと同等の価格で購入できる手段でした。

しかし、こちらもリモワ本社の意向で、2014年以降EU圏外への発送は禁止されています。上記のオンラインショップからEU圏外の住所に発送することができなくなっています。

ちなみに、ドイツ語でkofferとはスーツケースという意味です。

おそらく、楽天やYahooショッピングで並行輸入品を見かけなくなったのは、この方法が閉じられたことが大きいと思います。

一応、例えば個人輸入代行の転送サービスを使うことで、これらのサイトから購入可能ですが、その場合、手数料や送料が高いのはもちろん、一旦ドイツ国内の住所に届けるためVATリファンドが受けられません。

その他、ebayなども調べてみましたが、あまりお得な物は出品されていませんでした。

とはいえ、多少のリスクを取れば下記で購入方法を紹介している通り、それなりにお得に買うこともできます。
RIMOWA(リモワ)を個人輸入する方法(日本の正規販売価格の約30%オフで購入できます)

結局現時点でリモワを買う一番お得な方法は?

私が調べた限り、リスクも少なく手間がもっとも少ないのが2.日本のネット通販で並行輸入品を購入する方法です。取り扱い店舗が少なく選択肢が限られていますが、下記のお店が比較的安く販売されています。

※決して、下記のお店と私は関係ある訳ではありません。私がいろいろ調べた結果、お得に安全に購入できる店だったということで、名前を挙げさせてもらってます。

●Yahoo!ショッピング(ドルフィン)
http://store.shopping.yahoo.co.jp/dolphine/a3d2a3c9a3.html

●「おいしいお水ドットコム」
http://www.oishii-omizu.com/rimowa

おそらく、この二つの運営元は同じだと思います。価格を比較すると「おいしいお水ドットコム」の方が少し安いのですが、ポイント等を勘案するとYahoo!ショッピング(ドルフィン)の方が安くなります。

Yahoo!のポイント5倍dayなどとうまく、購入をあわせると効率よくポイントを稼ぐことができます。(ただ、Yahoo!ショッピングは各キャンペーンの上限が5,000円だったりするので注意して下さい。同一日でも別々のキャンペーンの場合は上限も別々に計算されるので大丈夫なはずです。キャンペーンの規約を確認して下さい。)

ちなみに、私は直近購入の二つ(TOPAS STEALTHとサルサデラックス)はこちらで購入しました。発送も早く、モノも確かで問題ありませんでした。

サルサデラックス(#872.73)は日本国内正規価格¥86,400(税込)に対して、Yahoo!ショッピング(ドルフィン)では76,194円にさらにポイントがキャンペーンやら何やらで確か合計14%くらい付与されました。そのため、期間限定ポイントも含めて10,000円以上つきました。

結果、正規品に比べ、2万円以上お得に買うことができています。

リモワ並行輸入品の修理について 

並行輸入品を購入すると保証がどうなるか気になる部分かと思いますので紹介します。

リモワの並行輸入品の保証はどうなるのか?

リモワは壊れやすく、修理にお金がかかり、かつ日本国内では日本正規品以外の修理は受け付けてもらえない可能性があると聞くことがよくあります。

一応、基本的にはしっかり、並行輸入品であっても保証書はついてきました。

付属の5年間保証書


確かに、マルチホイールのホイール部分が弱そうに見えたりしますが、私はマルチホイールのリモワを4台持っていますがまだ一度も壊れたことがありません。

そのため、国内の工場で保証の範囲内で無償修理してもらえるのかどうかは確認できていません。

さらに、スーツケースが壊れるのは、旅行の際で特に、航空会社に荷物を預けている時が多いと聞きます。

その場合は、確実に航空会社が保証してくれますのでバゲージクレームに行って下さい。並行輸入品だろうと、国内正規品だろうと関係なく修理してくれます。

その為、スーツケースを受け取ったら、その場で壊れていないかチェックするように習慣づけています。

また、航空会社が非を認めてくれなかった場合でも、海外旅行保険の携行品補償特約があれば、問題なく修理できます。クレジットカードの保険で携行品補償特約がついているカードもありますので、お持ちのクレジットカードの規約をご確認下さい。

リモワの耐久性


トパーズステルス
私のTOPAS STEALTHこんなにボロボロ(いい感じ?)になってますが、一度も壊れたことありません。リモワはドイツ品質で頑丈です。

今持っているリモワは荷物を詰め込みすぎて中のジッパーが壊れたことがありますが、自分で直せるレベルでした。

かなりの回数飛行機に乗っていますが、まだ壊れたことはありませんので、壊れやすいというのは一種の都市伝説かと思います。

リモワの偽物の見分け方

リモワの偽物の見分け方に関しては下記の記事をご参照ください。
リモワ(RIMOWA)の並行輸入品と偽物について

私とリモワの歴史


最後にまだ数年の短い付き合いですが、”私とリモワの歴史”を紹介します(笑)

リモワ(RIMOWA)との出会い 

仕事で海外出張が多くなった4年前、飛行機を降りた後の手荷物受け取り場であのアルミ製のスーツケースかっこいいなと思い、調べたらドイツ製のリモワというスーツケースであることがわかりました。

色々調べるうちに、良いなという思いは憧れに変わりました。当時スーツケースに5万円も10万円も出すなんて考えられないと思いながらも、出張の度にリモワを持っている人をみて羨ましく思うようになりました。

私のリモワ履歴 

そして、さんざん調べたあげく、2014年の1ユーロが100円くらいの時代に、サルサマルチホイール61ℓのマットブラックを並行輸入で37,000円ほどで購入しました。

当時、アルミが欲しかったのですが、 ちょっと重たいし、嫌みかなと思いサルサ(SALSA Multiwheel #834.63)にしました。今思えば、この時が最も安く買える時期でした。アルミのTopazでも6万円くらいだったと記憶しています。

これを皮切りに、リモワ信者になってしまい、出張先のシンガポールで50%オフで売っていた日本未発売(日本ではポルシェセンター(ディラー)で売っているそうです)リモワとポルシェデザインのコラボモデルの機内持ち込みサイズを衝動買いしてしまいました。

50%オフと言っても値段はそれなりで、VATリファンドしても4.5万円くらいだったと記憶しています。
ポルシェデザインとのコラボモデル。購入したのは一番手前の茶色

その後憧れのアルミ製スーツケースTOPAS STEALTH(#986.15)(85ℓ)を購入しました。(トップの写真です。)

そして、次に妻用にサルサデラックス(SALSA Deluxe Multiwheel #872.73)(87ℓ)のブラウンを購入しました。

SALSA Deluxe Multiwheel #872.73

ということで、いまは無駄に4つのリモワを所有しています。最初のサルサのサイズ(61ℓ)をアルミにして、TOPAS STEALTH(85ℓ)をサルサにしておけば、使い勝手が良かったなと反省していますが、どれもお気に入りで大切にしています。

まとめ

2014年以前までは、非常に多くの選択肢があり、安く購入できるチャンスがありましたが、いまはドイツ本社の意向なのか、日本国内で安く購入できる方法が減っています。

私が、購入時に調べ尽くした内容を記事にさせてもらいました。 リモワの購入を考えている方の参考になれば幸いです。

リモワ徹底レビュー

持っているリモワのレビューを掲載しています。リモワの購入の悩んでいる方は併せてご覧ください。

リモワサルサマルチホイールのレビュー記事はこちらをご参照ください。

リモワ サルサマルチホイール(RIMOWA SALSA MULTIWHEEL)の魅力を徹底紹介します

サルサデラックスマルチホイールのレビュー記事はこちらをご参照ください。
リモワ サルサデラックスマルチホイール(RIMOWA SALSA DELUXE MULTIWHEEL )の魅力を徹底レビューします トパーズステルスのレビュー記事はこちらをご参照ください。
リモワ トパーズステルス(RIMOWA TOPAS STEALTH)の魅力を徹底レビューします

かなりレアなポルシェデザインリモワのレビューはこちらをご参照ください。 ポルシェデザインRIMOWA(リモワ)について

リモワの選び方をまとめた記事はこちらをご覧ください。
リモワ(RIMOWA)の選び方 - 楽しいスーツケース選び -


スポンサーリンク



↓↓マイレージ関連ブログはこちら
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

スポンサーリンク



スポンサーリンク


2 件のコメント :

  1. 記事を興味深く拝読しました。
    1点、ポルシェとのコラボモデルは日本未発売ではなく、ポルシェセンター(ディーラー)で取り扱っています。
    たまに安売りしますが、4.5万円になることはないので、とてもお得な買い物でうらやましいです。

    返信削除
    返信
    1. ご指摘ありがとうございます。日本でも売っているのは知りませんでした。情報ありがとうございます。記事を修正しておきました。他にもリモワ関連の記事を書いているのでぜひ読んでいただければ幸いです。

      削除